« これも格差の問題?(畠中雅子) | トップページ | 書評の仕事(畠中雅子) »

生活セミナー&住宅ローンセミナーのお知らせ(畠中雅子)

お正月から1週間が過ぎてしまいましたが、みなさま、明けましておめでとうございます。

できるだけ更新するように努力しますので、今年もよろしくお願いします。

さて今日は、1月におこなわれるセミナーのお知らせを、2つほど。

まずは、1月19日(土)の東京新聞生活セミナー。

「夫婦や家族で考えるお金の話」と題して、資産運用を交えた高齢期のお金の話をします。

場所は、JR王子駅近くにある北とぴあ。

http://www.tokyo-np.co.jp/hanbai/seikatsu/

50代以降の方が受講者の中心となるセミナーですが、若い方の参加もお待ちしております。

ちなみに、私が東京新聞の生活セミナーの講師を務めるのは、今回で3回目。

熱心な受講者の方が多いので、講師としても話しやすい雰囲気のセミナーです。

もうひとつは、1月27日におこなう積水ハウスの住宅ローンセミナー。

場所は埼玉県の久喜市です。

http://www.sekisuihouse.com/sumaismile/smilesaitama/seminar06.html

このところ、金利が足踏み状態になっていることもあって、住宅ローンの選び方はより難しくなっています。

それに、ここ数年のあいだに住宅ローンを借りた人の中にも、けっこう有利不利が錯綜しています。

たとえば、この1~2年のあいだに住宅ローンを借りて、すでに繰り上げ返済をしたご家庭の場合、フラット35(長期固定金利型ローン)よりも、銀行の短期固定金利型ローンのほうが、ローン残高の減り方はずっと速かったはず。

「金利が上がるから長期固定型金利ローンを」と言われ続けた中で、返済能力が高く、ローン残高のことまで考えて、短期固定金利型ローンを選んだ人のほうが、今までのところは、有利な条件を享受できているわけです。

住宅ローンで難しいのは、「正論」だと一般的に思われていることが、結果から振り返ってみると、選択としては正しくなかったケースも多いこと。

いずれにしても、選び方がどんどん複雑になっているのは、間違いありません。

住宅ローンをめぐる最近の状況をお話した上で、これからの住宅ローンの選びのコツについて、お話しする予定です。

東京新聞も、積水ハウスも、無料のセミナーですので、お時間の合います方は、ぜひ、ご参加ください。

畠中 雅子

|

« これも格差の問題?(畠中雅子) | トップページ | 書評の仕事(畠中雅子) »

セミナーのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、kazumaです。
メッセージありがとうございました。
セミナー面白そうですね。
参加したいと思います^^

投稿: kazuma | 2008年1月11日 (金) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これも格差の問題?(畠中雅子) | トップページ | 書評の仕事(畠中雅子) »