« 「ねじれ国会」みたいなもの(畠中雅子) | トップページ | 読売マネーcollegeに参加します(畠中雅子) »

どっちがイヤか!?(畠中雅子)

我が家では、週末をはじめ、家族でよく外食をする。

できるだけ家族5人が揃った形で食事ができるのが好ましいのだが、私と長女だけとか、私と下の2人の子どもの3人で、といったメンバー構成になることも少なくない。

ベビーシッターさんにお願いしている日は、主人と2人で外食することもよくある。

ところが、先日、主人と長女(高2)が2人で食事をすることになった。

我が家では、珍しい構成パターンである。

長女「今日なんだけどさあ、パパと○○○でご飯食べてもいい?」

私「うん、いいよ。いいよ。でも、パパと2人なんて、すごく珍しいパターンだねえ」

長女「そうなんだけどね。行きたいお店が一緒だったんだ」

私「わかった。でも、援交に間違われないようにね」

と、かなり冗談めかして言った(こういう会話を長女に投げかけること自体、私は問題のある親かも)。

すると長女は、「援交よりも、妻に見られるほうが絶対にイヤ!!」

私「妻??」

長女「以前、ママがいなくて、4人で食事をしたとき、お店の人に『奥様』と言われて、すごいショックだったのよ。もし今回言われたら、ショックから立ち直れないかも」

と長女に言われた。

援助交際よりも、「妻」に見られるのがイヤとは・・・。

親から見るとわからないのだが、長女は年上に見られることが多いらしい。

長女が末っ子を連れて買い物に行くと、必ずと言っていいほど、「若いお母さんね」と言われるらしい。

末っ子は、姉がそういう風に言われると嫌がることをよく心得ていて、「ねえ、ママ。ボクに○○を買って」と、欲しいものをねだるそうだ。

長女は心の中で、「あとで覚えておきな」とつぶやきながら、末っ子が欲しがるものを、買ってあげているらしい。

年上に見られるのは、いくつになっても嫌なものだが、高校生のうちから「妻」や「ママ」に見られるのは、確かにかわいそうな気がする。

本人がもっと若者らしく、ハツラツとした元気な子どもになるしかないのでは?と、私はひそかに思っているところである。

畠中 雅子

|

« 「ねじれ国会」みたいなもの(畠中雅子) | トップページ | 読売マネーcollegeに参加します(畠中雅子) »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

コメント

お嬢さんの気持ち、とってもよくわかります。

私は中学の頃から、ひとりで歩いていると「奥さん」。10歳違いの妹を連れていると「お母さん」。一度なぞ、道の向こうにクラスメートを見つけて手を振ったらわかってもらえず、近づいてから「どこのオバサンかと思った。」と言われてしまい大ショックでした。

年相応に見られるようになったのは30歳過ぎです・・・(仲間の書き込みですみません)

投稿: 菅原直子 | 2008年2月 2日 (土) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ねじれ国会」みたいなもの(畠中雅子) | トップページ | 読売マネーcollegeに参加します(畠中雅子) »