« 子どもを連れて、大阪へ(畠中 雅子) | トップページ | 引きこもりのお子さんを持つご家庭のお金の相談(畠中 雅子) »

中学受験をやめることに(畠中 雅子)

受験期のお子さんを抱えているご家庭にとって、夏は正念場ともいえる時期。

お子さんはもちろんのこと、ご両親も精神的に落ち着かない日々を送られていることだろう。

我が家の長男も、小学校6年生。

中学受験を控えていれば、今頃、「勉強しろ!」と、うるさく言っているはずだ。

我が家では、長女が中学受験をしているので、長男も中学受験を見据えて、塾通いなどをしてきた。

いちおう、中学・高校は私立校に行くという前提で、資金準備もしてきた。

だが、長男は、中学受験をするのを止めた。

小学校6年生になった頃から、将来やりたいことがいくつかに絞られてきたので、中学受験よりも、大学選びのほうに重きを置きたいという結論に、親子で話し合って決めたからだ。

長女のときは、「超」がつくほどの勉強嫌いなので、高校受験で苦労するよりも、その当時、やりたいといっていた仕事に関連する学部のある大学の付属校へ入れてあげるのが、長女のためだと信じていた。

でも、子どもも成長するにつれ、やりたいことは変化する(勉強嫌いは変化しなかったが)。

長女も高3になってようやく、やりたいことがわかってきたようだが、中学受験をしたときとは、希望する進路が全く違っている。

成績が悪いことも影響しているが、受験に切り替えることにした(せざるを得なかった)。

本人は、慣れない勉強でフーフー言っているが、受験するつもりで、本人なりに頑張っているようだ。

長男の話に戻るが、周囲を見回してみると、長女が受験をしたときよりも、中学受験をするお子さんがクラスの中に、とても増えている。

長女のときは、受験することについて、秘密というほどではないが、なるべく言わないように心がけていた。

クラスに3人くらいしか、私立中学に行くお子さんがいなかったので、言いにくい雰囲気でもあった。

だが、知り合いや長男の同級生の親などからは、「中学受験するんでしょ?」とよく聞かれる。

それだけ、ポピュラーになったのかもしれない。

中学受験について聞かれたとき、「するつもりだったんだけど、やめたの」と言うと、ほぼ全員から驚かれる。

「何で、いまさら?」というわけだ。

実は私自身も、中学から私立校に進学した。

私の中学・高校の同級生のお子さんたちも、多くが中学受験をしているようだ(風のウワサによるとだが)。

ひとつ違いの妹も、別の中学ではあるが、私立中学に進学している。

高校受験というのは、私自身だけでなく、姉妹関係でも、自分の子どもでも、今まで経験したことがない。

そのような環境もあって、「中学受験」いう選択肢は自然なものだったけれど、長女の進路変更などを見ていると、子どもの中で、一番性格がおっとりした(ハッキリ言って、のろい)長男に、中学の時点で受験を強いる必要はないのではないか、と思えた。

それが、中学受験を止めた理由である。

小学校2年生から中学受験に向けた準備をしてきたので、今までかけてきたお金がもったいないという気はする。

でも、公立中学に進学してくれれば、当然、家計は助かるし、中学と高校用に貯めたお金で、大学院に進学させてあげることもできる。

仲の良い友達が、中学受験のためにがんばっている様子を見ると、のんびりとした長男でも、ときどき気持が焦るようだが、「人生は長いんだから、将来のことは、もう一度、ゆっくり考えみようね」と、声をかけるようにしている。

中学受験を止める勇気を出して、良かったのか。

間違った選択だったのか。

それがわかるのは、大学受験の頃になるような気がしている。

畠中 雅子

|

« 子どもを連れて、大阪へ(畠中 雅子) | トップページ | 引きこもりのお子さんを持つご家庭のお金の相談(畠中 雅子) »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子どもを連れて、大阪へ(畠中 雅子) | トップページ | 引きこもりのお子さんを持つご家庭のお金の相談(畠中 雅子) »