« アメリカンファミリーから日本一貯蓄性の高いこども保険が登場(畠中 雅子) | トップページ | 怪盗ルパン?参上!(畠中 雅子) »

大学の恩師の還暦祝いに出席。そのほかにも・・・(畠中 雅子)

前にブログを書いてから、2週間以上が経過。

今年はもう少し、更新頻度を上げようと思っていたのに、3か月持たずに、ペースダウン。

ブログには向かない性格だなあと、つくづく反省したところです。

ところで、更新が滞っているあいだ、私にとって、いくつかのイベントがありました。

そのひとつ。

大学時代のゼミの恩師が還暦を迎え、横浜のホテルでおこなわれた還暦祝いに出席して来ました。

主人に、「○○先生が還暦を迎えるので、還暦祝いに行ってもいいかなあ?」と聞いたら、「大学を出てから20年以上経つのに、今頃還暦なんて、○○先生は若かったんだねえ」という反応。

言われてみれば、ゼミを担当してくれていたときには、今の私よりもずっと若い30代半ばだったんだあ、とはじめて気づきました。

卒業以来、初めて会う同級生もいて、懐かしさもひとしお。

卒業以来、転職せずにいたのは、公務員になった2人だけで、残る全員は転職、あるいは親の会社を継承していることを、改めて確認。

勉強はまったくしないゼミだったけれど、まとめ役になってくれる同級生がいるので、これからは今までよりも、頻繁に会えるかも。

「近いうちに、また別の形で会いましょう」という心もとない約束?をして、私は一次会で失礼を。

先生、本当におめでとうございます!

お元気な姿を見られて、私もとてもうれしかったです。

先生から、「平成21年度はまた大学で、ビジネス事例研究の講義をして欲しい」と言われ、先生の頼みは断れないので、どこかで一度、学生に向けて講義をする機会がありそうです。

最近の学生は、私たちの時代と違ってまじめなので、どんな反応をするのか、ちょっと楽しみでもあり、怖くもあり、といったところです。

先生の還暦祝いから数日後、長男(小6)の卒業を祝う会がありました。

入学した頃は、ジッとしていることができず、授業のチャイムが鳴っても、ひとりで校庭で遊んでいて、教室に戻れなかった長男が、6年という時間を経て、人並みに落ち着く(??)ことができ、卒業を迎えるのかと思うと、なんだか感慨深く・・・

しかも、長男からもらった手紙(学校で、親に宛てて書いたもの)を読んだら、「僕がここまで頑張ってこれたのは、僕を信じて見守ってくれた両親の存在があるからです」といった感謝の言葉が綴られており・・・

「この子なりに成長したんだなあ」と実感できる、時間でした。

・・・ところで、長男からの手紙を読んで、ひとしきり感動した後に、ふと、6年前にも長女から手紙をもらっているはずなのに、感動した記憶がない。

なぜだ?

と思って、記憶をたどってみました。

すると、おぼろげながら思い出したことがありました。

長女からも、たしかに手紙は受け取っていました。

その手紙に書かれていたのは、「今まで育ててくれてありがとうございます。これからも今まで通り、私に期待はしないでください。よろしくお願いします」といった内容。

はい、大丈夫です。

過大な期待はしていませんので、あなたの希望どおりになっています。

だから、長男の手紙を読んで、初めて感動したんだ、と思い出した母でした。

畠中 雅子

.

|

« アメリカンファミリーから日本一貯蓄性の高いこども保険が登場(畠中 雅子) | トップページ | 怪盗ルパン?参上!(畠中 雅子) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカンファミリーから日本一貯蓄性の高いこども保険が登場(畠中 雅子) | トップページ | 怪盗ルパン?参上!(畠中 雅子) »