« 埼玉県内の高齢者施設の見学 | トップページ | 主人が痩せてきた・・・やばい。 »

弁護士事務所で相談を受ける

すでに昨日のことになったが、弁護士事務所に相談を受けに行った。
揉め事を抱えているというよりは、揉め事に発展しないために、公正中立な判断が欲しかったからである。
揉め事に発展するかもしれないのは、私の問題ではなく、身内の話であるが。

仕事で付き合いのある弁護士さんは何名か居る。
その中のひとりに相談しようと思ったが、「餅は餅屋」だろうと思い、相談したいテーマに強い弁護士さんを紹介してもらった。

弁護士の相談料は、30分5250円に決まっていると思っていたが、その弁護士事務所では、1時間2万1000円に設定されていた。
だが、紹介がある場合は、相談料は半額でいいという。
2人(2人とも弁護士)で面談してくれて、1人の弁護士さんが相談内容の整理をパソコンに打ち込み、もう一人は相談に応じてくれる。
しかも、打ち込んだ画面は、相談者側も別のパソコン画面(しかも左右に2画面)でその内容が読めるようになっていた。

これで、1時間の相談を受けても、1万500円である。
実際には、1時間に満たない相談だったので、「30分で計算しましょう」と言われたが、それではあまりにも申し訳ないので、本来の相談料を支払ってきた。
とはいえ、それでも弁護士さんが2名で対応してくれて、相談料は1時間1万500円。

私は有料のFP相談をやっていないが、有料相談をおこなうとしたら、1時間1万円くらいに設定するのではないかと思う。
周囲のFPの平均的な相談料だからである。

相談内容は、プリントアウトして受け取ってきたが、FPが受ける相談を1時間1万円に設定したら、今日の弁護士さん並みの対応をしないと、相談料を払うのが高いと感じられても仕方ないかもしれない。
本来の相談内容についても、けっこうショックを受けたのだが、自分の仕事に置き換えても、考えさせられることの多い相談となった。

もちろん、すべての弁護士事務所で同じような対応をしているとは思えず、スタイルはいろいろなはずだが、相談の流れもとても納得できるものだったので、扱う案件が多いことも納得できた。
人気のある弁護士事務所には、それだけの理由があるわけだ。
紹介者にも感謝!である。

ところで、相談に行った日は、学芸会の振り替え休日で、末っ子が休み。
小4になっても一人で留守番ができないため、弁護士事務所まで連れて行った。
帰り際、「キミも将来、弁護士にならないか?弁護士は良い仕事だよ」と話しかけられて、固まっていた。

末っ子が中華街に行きたいというので、帰りは中華街で遅いランチ。
でも、下調べを怠ったせいか、中華街なのに、食事はいまいちだった。

往復とも湘南新宿ラインに乗ったのだが、帰りの車内で、こんなことがあった。

行きのグリーン車はガラガラだったが、帰りは結構混んでいた。
2階には乗れず、1階へ。

私たち母子の前には、60代くらいの8人組の男女が座っていた。
座席を回して4人席にし、通路を挟んで、大きな声でずっと話していた。
多摩川を渡るとき、「この川は、何ていう川?」と誰かが質問し、「荒川だよー」と別の誰かが、自信を持って答えた。
「多摩川だろ」と、心の中で突っ込んだら、また別の誰かが、「荒川じゃないだろう!でも、川は上流と下流で名前が変わるから、ややっこしいんだよ!川!川!でいいじゃないか」。
かなり出来上がっているらしい。

その場に居ない知人の名前を出して、その家の事情を大きな声で話していたので、聞くつもりのまったくない私でも、○○家の事情が掴めてしまった。
住んでいる場所も、話の流れから想像がついてしまうので、完全な個人情報漏えいではないか。
その場に居なくて、話題にされた方に、同情してしまった。

8人組のグループであったが、途中で1人、2人と下車して行った。
湘南新宿ラインのグリーン車は、グリーン料金を払っていると、席の上にグリーンのランプが点くのだが、下車した人の分もずっとグリーンのランプが点いたまま。
車内は混んでいて、グリーン料金を払っているのに、立ったままの乗客もいるのに、下車した人の席は荷物置き場になっていた。

「なぜ、下りた人の席もグリーンのランプが点いたままなんだろう?立っている人もいるんだから、席を譲ってあげればいいのに」と思っていたが、おそらく値段が変わらないので(たぶん51キロ以上)、一番最後に下りる人と同じ駅まで、乗り続けるという設定にしたのだろう。
グリーンのランプが点いている以上、いくら荷物が座ってても、「誰か、来るのかもしれない」と思って、座らせてくださいとは言いにくい雰囲気。
でも、ルール違反だよなあ。

|

« 埼玉県内の高齢者施設の見学 | トップページ | 主人が痩せてきた・・・やばい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

畠中様
ブログへのコメント、ありがとうございました。
『教育費が老後の資金を直撃する』を実感中の大学生(しかも双子で下宿中)の母です。
また、塾業界に携わるものとして、お客様にいかに教育費を下げていただくかを常に考えています。

都会と違い地方では、私立中学の方が塾より学費が安く、指導の面からも塾に通わなくても名門大学可能なところもあります。公立高校志望でも、塾は中3で十分伸ばすこともできます。

コツは、ライフプランと同じで長期視点で考えること。それは、畠中様のご著書より学ばせていただきました。
感謝です!
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 愛edu | 2009年11月17日 (火) 13時04分

愛edu様
ブログにコメントをいただきまして、ありがとうございます。
お互い、お金のかかる大学生を抱える身ですね。
しかも、愛eduさんは、2倍の負担!
大変さは、お察しします。
おっしゃる通り、教育資金は長期的な視点で考えることも大切ですし、切り替えができる柔軟性を持つことも必要だと思います。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 畠中 雅子 | 2009年11月18日 (水) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉県内の高齢者施設の見学 | トップページ | 主人が痩せてきた・・・やばい。 »