« 良いお年をお迎えください | トップページ | 扶養控除廃止の行方 »

明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

皆様はお正月を、どのように過ごされましたでしょうか。
私は両親とも東京生まれ、東京育ちで、結婚した相手も東京の人。
(こういう場合、私の子どもたちは、江戸っ子になる?)

つまり、田舎というものがないので、帰省する人たちを羨ましく思う例年ですが、今回は年末に1泊だけ、伊豆に行ってきました。
子どもが3人といっても、上の二人は大人料金。
年末年始に長く宿泊するのも、だんだんしんどくなってきたので、今年は1泊だけ。

仕事では、昨年の後半くらいからの家計診断で、「今年は年末の帰省費用が出ないので、帰らずに自宅で過ごします」と言っている方が少なくありませんでした。

話は変わって・・・
長男、次男はさっそく、もらったお年玉でゲームを買いに行きました。
我が家で豊かなのは、お年玉をたっぷりもらった下の二人。

ちなみに・・・
我が家のルールとしては、もらったお年玉のうち、すぐに使わないと思われるお金は私に預け、それぞれの名義の通帳に入金しています。

貯まったお金は、原則として中学を卒業するまで引き出させずに、高校生になった頃、通帳とキャッシュカードを本人に渡す予定。
3人とも生まれたときに、「それぞれの出生体重」と同じ金額だけ入金したのが、預金のスタート。

たとえば末っ子の場合、出生体重が3640グラムだったので、3640円を入金したのが、預金の最初というわけです。
毎年、通帳を眺めながら、「ボクは3640グラムで生まれたんだぁ」と感慨にふけっています。

自分の通帳残高も知っているので、お年玉に関しては、手元に残すお金と、貯金するお金を本人に考えさせます。
すでに大学生の長女は、通帳もキャッシュカードも本人が持っていて、自分でやりくりしていますが、豊かな弟たちと違って、お年玉ももらえたり、もらなかったりなので、すでに目論見が外れて、やりくりに頭を悩ませている様子。

長女にはすでに通帳を渡してありますが、渡した当時よりもかなり残高が減っている様子。
こんなことだったら、社会人になってから渡してあげたほうがよかったかも?などと、後悔することも。

お年玉の渡し方や、管理の仕方で悩んでいるは少なくないと思います。
皆様のご家庭では、どのような管理法を実践されているのでしょうか。
お勧めの管理法がありましたら、ぜひ、コメントを!

|

« 良いお年をお迎えください | トップページ | 扶養控除廃止の行方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良いお年をお迎えください | トップページ | 扶養控除廃止の行方 »