« 娘が、香港へ | トップページ | 住宅版エコポイント、母の「疑問」 »

息子たちの「心配ごと」

昨年の秋ごろは・・・
ファイナンシャルプランナーになってから、はじめての経験というくらい収入が減って、「もはやファイナンシャルプランナーとしての自分は終わりなのか」という不安を覚えたこともあったが、今年に入ってからは、目が回るくらい忙しい。

以前、ブログに書いた時には、連載が18本だったが、2本増えて、20本になった。
3月の週末は、ほぼセミナーで埋まってしまい、うれしい悲鳴である。

3月に出す予定の「子ども手当」のムックの原稿も、追い込みに入っており、「きちんと寝たのはいつのことだったのだろうか?」と考えてしまうほど、現在は忙しい。
「子ども手当」のムックに関しては、私だけではなく、編集の担当者や漫画家さんも、ものすごく頑張ってくれているので、私の原稿が遅れると、制作スケジュールに迷惑をかけるばかり。
でも、身体も頭も疲れきっているので、思ったように原稿が進まず、きちんと入稿しなければ・・・と気持ちだけが焦るばかり。

そんなこんなで、相変わらずまったく親の言うことを聞かない息子たちの前で、「あ~あ、こんなに身体を酷使していたら、ぽっくり逝ってしまっても、不思議じゃないと思うわ。あなたたち、どうする?ママが、ぽっくり死んだら?」と聞いた。

すると、意外な反応が返ってきた。

「ママ、大変じゃん。どうするの? 遺影用の写真って、撮ってあるの?」と長男。

「あるわけないじゃん」と私。

「大丈夫だよ。だって、いつも仕事で使っている写真があるじゃん。あの写真でいいんじゃない?」と次男。

あなたたちの「心配ごと」は、私の身体ではなく、遺影写真かい?!
バカ息子たちに向かって、ぼやいた私がバカでした。

|

« 娘が、香港へ | トップページ | 住宅版エコポイント、母の「疑問」 »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 娘が、香港へ | トップページ | 住宅版エコポイント、母の「疑問」 »