« FPとして長く活躍する秘訣! | トップページ | 次男と二人で、目覚めてみると・・・ »

ダブルスクール代の負担

大学2年生になった長女は、2つのアルバイトを掛け持ちしているため、毎日それなりに忙しそうにしている。
だが、私に似て、お金遣いが荒いので、いつも「お金がない、どうしよう」と騒いでいる。
似て欲しくないところばかり、似るものだ。

親である私のほうも、はまっているオークションのせいで、「あの支払いはどうしよう」と年中騒いでいるが、懲りない親子である。

そんな長女だが、やはりというか、仕方ないなあというべきか。
とうとうダブルスクール代が発生し始めた。

「大学の学費以外は、できるだけ自分の力でやりくりするように」とは言ったが、来年から就活が始まることを考えると、多少の費用負担は仕方ないかなあと思う今日この頃。
長女と相談しつつ、どんな講座を受講して、どこまでを親が払うべきか、相談をする機会が増えている。

大学の学費を負担しながら、ダブルスクール代も負担するのは、楽ではないが、何の援助もせず、積極的な性格ではない長女を、就活に送り出すのは、何とも不安。
どのような講座を受講させるべきか。
どのような体験をせるべきか。
悩む機会が増えている。

娘が通っている学科は、私の仕事でも参考になることがあるので、最近は「娘」だということは内緒にして、セミナーなどにも参加させている。

どこまで親が手を出すべきか。
大学生になっているわけだから、本人にすべて任せるべきだとは思うのだが、就職できないまま卒業されても、親の立場としては非常に困る。

親が心配しなくても、自力で就職するお子さんはたくさんいるのになあと思うと、そういうタイプのお子さんを持つ方を羨ましく思うとともに、就職をしたことのない私には、就活で役に立ちそうなアドバイスもできないのが、まどろっこしいところだ。

主人にいたっては、大学の研究室に各電機メーカーの就職担当者が来て、「どこの会社に入りたいですか?」と聞かれて、各自が答えた会社に、全員が入社できたという、信じられないほど簡単な就職活動しかしていないので、これもまた参考にならない。

経験がないという点でいえば、私自身も、娘も中学受験で、高校受験の経験がない。
息子の高校受験も、思いっきり不安である。

公立高校に進学して欲しいけれど、内申書が良いわけないので、難しそう。

子どもを育てていると、気が休まるヒマがないのが本音であるが、就活を見守る親の気持ちって、どんなものなのだろう。
きっと、ハラハラドキドキするんだろうなあ。

|

« FPとして長く活躍する秘訣! | トップページ | 次男と二人で、目覚めてみると・・・ »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FPとして長く活躍する秘訣! | トップページ | 次男と二人で、目覚めてみると・・・ »