« ベネッセ進学フェア2010に参加 | トップページ | 日本学生支援機構に取材! »

中の上

タイトルを見ただけでは、いったいどんな内容が書かれるのか、想像もつかないだろう。
これは、仕事関係の知り合いと話していたとき、その人のお子さん達の成績を表した言葉である。

頭の回転が素晴らしく良いことで知られているその方と話していたとき、「〇〇さんのお子さんは、ウチの悪ガキ達と違って、優秀なんでしょうねえ。親の頭が良いと、子どもたちも幸せですよねえ」などと、私が愚痴っぽくもらした言葉に対しての返答である。

「ウチの子どもの成績なんて、中の上程度だよ」

「中の上って、ことはないでしょ!?謙遜しているにきまってますよ」(私もずいぶん、ひがみっぽいが)

などというたわいのない会話をしていたのだが、よくよく聞いてみると、2人のお子さんは早稲田系と慶応系の学校に在学しているらしい。
(中等部とか高等部とか書いたり、学校名と特定すると個人情報に触れるかもしれないので、ざっくりとしか書けません)

つまり、大学はそのまま早稲田と慶応に進学するのではないかと考えられる。
ウチの娘のように、付属にいても大学受験をせざるを得なかったのとは違い、楽勝で大学に上がれるのではないかと、想像できる。

私が仕事でかかわっている業界(金融業界やマスコミ業界)は少し特別なのかもしれないが、一流大学を出ている人ばかりで、そのお子さんたちの多くも、一流中学、一流高校、一流大学に進学している。

我が家の子どもたちの成績が低空飛行なのは、やはり親の頭に問題がある気がしているのだ。
しかも最近では、息子たちが宿題をやっていて、わからない問題に出会うと、「あ~あ、俺の頭はママに似ちゃったなあ」などと、愚痴っている(悪かったね。母親がバカで)。

主人は、私と比べると、成績の良い時代が多かったはずなので、子どもたちはわからない問題があると、すぐに「ママに似た」といって、勝手に納得している。

ところが、私に似てくれれば得意になったはずの、体育もいまひとつ。

おい!
私のせいにするのは良いけれど、責任転嫁して、納得しているヒマがあったら、勉強して、母親の頭のハンデを乗り越えてくれ~と願う、今日この頃である。

|

« ベネッセ進学フェア2010に参加 | トップページ | 日本学生支援機構に取材! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベネッセ進学フェア2010に参加 | トップページ | 日本学生支援機構に取材! »