« ソニー生命の学資保険は、一時払いが有利!(追記、再追記、あります) | トップページ | どらくのサイト記事、今週は「ひきこもりの生活設計」 »

ケアハウスの見学に

昨日、三鷹市にあるケアハウスの見学に行った。
とてもきれいで、人気があり、以前から気になっているケアハウスだった。

ケアハウスとは、軽費老人ホームというカテゴリーの中に含まれる高齢者施設。
軽費老人ホームには、A型、B型、C型とあるが、その中でケアハウスは「C型」に分類される施設である。

「軽費」という言葉からも想像できる通り、軽い費用負担で入所できるのが魅力。
しかも、最近新設されている施設は、有料老人ホーム並みのきれいなところが増えている。

ケアハウスの場合、月々にかかる費用のうち、事務費にあたる部分(人件費や施設管理費など)は、国の補助がある。
収入ごとに、事務費にあたる部分が異なるのである。

たとえば、収入が150万円以下であれば、事務費はひと月1万円ですむ。
遺族年金で暮らす場合、年収150万円以下に該当する方も少なくないはずだが、その場合、家賃や食事代(3食)を合わせても、自立で入所する人のひと月の負担は14万円台。
年収が160万1円から170万円までの方でも、ひと月15万円程度。
遺族年金だけでも、入所できる施設なのである。

費用負担は軽いのに、有料老人ホーム並みの33平方メートルの部屋に住むことができる。
しかも、介護型ケアハウスを併設しているので、介護が必要になったときには、介護型に移り住むことも可能。

制度としては(他の入所者の要介護度との関係にもよるが)、要介護度5まで、対応が可能である。
ただし、介護型に移ると、上乗せ介護費の負担が発生するため、入所費用は高くなる。

本来なら、名前をぜひご紹介したいところであるが、亡くなられたり、介護が必要になって退所する以外では、空きが出ずに、待機者もかなりいることから、今回は名前は伏せておこうと思う。
だが、宣伝はほとんどしていないのに、待機者が多いということは、安くて、きれいで(築浅なので)広いという条件を揃えた施設は、自分の足でマメに探すしかないということを、実感した日でもあった。

来週は、東京海上日動サミュエルが運営しているヒルデモアシリーズの見学会に行く予定。
こちらは、費用がそれなりにかかる高齢者施設だが、LTC研究会(介護の研究会)を主宰していた時から、私たちファイナンシャルプランナーには人気の高い施設。

今まで何箇所か見学してきているが、今回は都内の施設を見学する予定でいる。

|

« ソニー生命の学資保険は、一時払いが有利!(追記、再追記、あります) | トップページ | どらくのサイト記事、今週は「ひきこもりの生活設計」 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソニー生命の学資保険は、一時払いが有利!(追記、再追記、あります) | トップページ | どらくのサイト記事、今週は「ひきこもりの生活設計」 »