« 「中流」崩壊の時代に必要なもの | トップページ | おかしな不動産広告 »

「やるやる」詐欺

今頃書くのはなんだが、親にとっては長かった夏休みが終わって、1日から学校が始まった。
都内でも、8月中に学校がはじまる区もあるし、私立校では小中学校でもまだ夏休みのところがある。
それに、2学期制の学校も増えているので、「夏休みが終わった=2学期が始まる」ということでもないので、昔と違って、9月1日になったことを、「新学期がはじまったねえ」と共通の話題にしにくくなっている。

末っ子も小学校5年生になったので、低学年のときほど、宿題に手がかかることもなかったが、9月1日の朝、「忘れ物はない?」と聞いたら、抜けのあるプリントがゾロゾロと出てきた。
親が書かなければならないのは、大慌てで書いたが、息子自身が書かなければならない欄もかなり抜けていたので、私が「息子の字を装って」いくつか書いた。

先生にはたぶんバレるだろうが、仕方ない。

とにかく、大慌てで仕上げて息子を送りだしたら、疲れてしばらく身動きできなかった。
前の日は原稿がなかなか仕上がらず、1時間しか寝れなかった上に、動いていない頭を無理に使ったせいである。

しかも1日の午前中には、撮影の仕事があって(私の写真など、撮っても仕方ないのだが、取材と撮影が別々のセッティングだったので)、ただでさえ、コンディションの悪い顔に、疲れが上乗せされてしまった。

カメラマン、スタッフの皆様、ごめんなさい。

・・・で、タイトルのやるやる詐欺に話を移すと、我が家の子どもたちって、

「宿題はやったの?早くやりなよ!」と私がいうと、

「やるよ、やるってば」

で、全然やらない。

通信教育をどうしてもやりたいと、時期は違うけれど、3人から言われたときは、やりたいという「熱意」を信じて、ついつい申し込み、しかも割引額につられて「年払い」で払ってしまったが、その後、3人とも、1枚もプリントを出さなかった。

これぞ、「やるやる」詐欺である。

雑誌などで「子どものやる気を引き出す方法」などの特集を見かけたときは、一生懸命読んでみたりもするが、「う~ん、ウチの子たちに通用するかなあ~」と思うことが多い。

やる気の引き出し方って、子どもごとに適切な方法があるのだろうが、子育て期間中、ずっと悩みっぱなしの私である。

|

« 「中流」崩壊の時代に必要なもの | トップページ | おかしな不動産広告 »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「中流」崩壊の時代に必要なもの | トップページ | おかしな不動産広告 »