« 連載が一気に・・・・ | トップページ | 年少扶養控除の廃止により、扶養の付け方の常識が変わる?? »

長男のことで、ご心配いただき・・・

最近、仕事でお会いする方々から、「ご長男の手は、治りましたか?」と心配していただく機会がとても多い。
ブログを読んで心配してくださっているのだが、暴力を振るった相手の親と電話で話して以降は、とりあえず無事?に学校に通っている。

子どもというのは(特に長男は、その傾向が強い)、自分に都合の悪いことは言わないので、絶対とは言い切れないが、暴力が再燃したということはなさそうである。

・・・で、今回、多くの方から言われたのは、「自分だったら、骨折させた相手の家に怒鳴り込んでいる」というもの。
「よく我慢しましたね」という言葉を掛けていただく機会も多い。
中には、「損害賠償請求ができるんじゃないですか?」といった、過激な発言も。

自分(私)のことだったら、やったことや言ったことは自分に返ってくるだけなので、もう少し違った行動を取ったかもしれない。
だが、「見えにくいところでの仕返し」がないとも限らない状況では、親は我慢するしかないというのが、現時点での私の気持ちである。

もちろん、この後、また違ったトラブルが起これば、そのときどきで対応策を考えるが、ほとんどの方から、「もっと強く言ったほうがよい」と言われたのは、少し意外だった。
私は親として、未熟なのかも?と考えさせられる機会ともなっている。

とはいえ、本当にたくさんの方に(中には、セミナーの参加者にまで)心配をしていただき、恐縮です。
ご心配くださった皆様。
本当にありがとうございました。

|

« 連載が一気に・・・・ | トップページ | 年少扶養控除の廃止により、扶養の付け方の常識が変わる?? »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連載が一気に・・・・ | トップページ | 年少扶養控除の廃止により、扶養の付け方の常識が変わる?? »