« お邪魔しています! | トップページ | 高校1年生のいる方、家計診断を受けてくださいませんか? »

韓国旅行、息子への暴力発覚で延期に

明日出発する予定で、仕事のスケジュールなどを調整してきた韓国旅行だが、以前、ブログにも書いた長男の骨折が、同級生による暴力だったことが、今週発覚。
その同級生の暴力行為がエスカレートし、長男は今週、とうとう学校に行けなくなった。

今までにも何度か、同じお子さんが原因で学校に行けないことがあったが、骨折させられるまでにエスカレートしていたことが、今週の不登校により、具体的にわかったのである。
長男は、部室でドアに手を挟んだと、かたくなに言っていたのが、実は暴力行為によるものだったことに、主人も私も大きなショックを受けた。

今のまま、何の手だても講じないと、そのうちけがで入院させられるほどのおおごとになりかねないので、とうとう学校に相談し、相手の親にも骨折の事実を伝えてもらった。
相手の親は、「すぐにでも謝りに行きます」と言ってくれたのだが、自分の息子の暴力行為には全く気付いていなかった。

電話をもらった際、「今謝ってもらっても、また同じことが繰り返されないとは限りません。今お会いしても、良い感情は持てませんので、謝りに来ていただかなくてかまいません。もし次回、同じことが繰り返されていると認識することがあったら、そのときはお互いの夫婦と、先生を交えてお会いしたいと思います。その代わり、今回、お母様が認識してくださったことで〇君の暴力が収まれば、二度とこのことを話題にはしません」と伝えた。

私の対応が正しかったのか、やはり謝罪してもらうべきだったのかは、わからない。
親の目が届かないところで活動することの多い中学生なわけだから、親が騒ぎたてると、子どもたちの関係を、見えないところで「より悪化」させないとも限らない。

この辺りについては、経験者の方などから、貴重なご意見が届くことを願っています。
(ブログにアップしないほうが良い場合は、その旨、書き添えてくだされば、私だけが読ませていただきます)

そんなこんなのやりとりがあり、締め切りなどのスケジュールをさんざん調整してもらったのに、明日からの韓国旅行には行けなくなったのである。
先生にもあいだに入っていろいろ面倒をかけているのに、親が呑気に旅行に行くわけにもいかず・・・。

・・・でどうしたかというと、キャンセルではなく、延期に。
キャンセル料はそれなりにかかったが、子どものことには変えられず・・・

今回の旅行は、
「デルタ航空のマイルと格闘」という記事に書いたとおり、マイルの有効期限がなくなるのではないかと思い(これはコメントなどで、別の手段があることを教えていただいたが)、あわてて予約した旅程だったが、延期の手続きをしていたところ、デルタ航空ではなく、大韓航空にすれば、ひとり3万マイルではなく、2万マイルで釜山に行けることが判明。

6万マイル残っていたので、末っ子を追加して、別日程で予約した。
新たに予約した別日程のほうが、日本のカレンダーで考えれば、ずっと多くのマイルが必要そうな日程にもかかわらず、日程を組みなおしたら、2人でなく、3人で行けることになった。

こういうのを、「不幸中の幸い?」というのだろうか。

|

« お邪魔しています! | トップページ | 高校1年生のいる方、家計診断を受けてくださいませんか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お邪魔しています! | トップページ | 高校1年生のいる方、家計診断を受けてくださいませんか? »