« 陽子線の研究センターを見学 | トップページ | 「中高年のための消費生活講座」 »

CFPチャレンジガイダンス

2月5日(土)、FP協会が主催する「CFPチャレンジガイダンス」に、講師として参加することになっている。
昨夏にも頼まれたのだが、夏休みで海外に行っているときだったので断ったら、「次回はぜひ」と言っていただき、来月2月に参加することになった。

CFPチャレンジガイダンスというのは、AFPの資格を持っている方向けの講座らしく(こういう試みがあることは知らなかった)、CFP6科目の試験合格者が体験談などを語る時間もあるらしい。
15年以上も前に、今よりも相当やさしかったCFP試験を受けている私としては、難易度が上がった試験に合格している方は、本当にエライ!と思う。

ところで・・・
キャリアガイダンスの定員は200名らしいのだが、今回は200名の定員をかなりオーバーして、抽選になったそうである。
どのくらいオーバーしたのかは、まだ聞いていないが、「参加します」というメールと、「抽選に漏れました」というメールの両方をいただいている。

200名定員とは聞いていたが、CFPチャレンジガイダンスそのものを知らなかったので、参加希望者は20名とか、多くて50名程度???などと高をくくっていたら、なんと、満員になるらしい(なんでも「らしい」という言い方で、すみません)。
満員になるという話を聞いて、突然、緊張感の高まった私。

どんなことを話してほしいのか、コメントなどをいただけると、とてもうれしいのですが。
参加される予定の方がブログを読んでいらっしゃいましたら、当日、的外れな話をしないためにも、ぜひ、「聞きたいこと」を教えてください。

ご協力いただけるのを、待っています!

|

« 陽子線の研究センターを見学 | トップページ | 「中高年のための消費生活講座」 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 陽子線の研究センターを見学 | トップページ | 「中高年のための消費生活講座」 »