« 昔ファンだった人のコンサートに | トップページ | 陽子線の研究センターを見学 »

セゾンの「おとなの自動車保険」の魅力

先日、私の事務所に、セゾン自動車火災保険の方がいらして、新商品である「おとなの自動車保険」の説明をしてくださった。

「おとなの自動車保険」セゾン自動車火災保険

この自動車保険は、事故率の低い40代と50代の運転者の保険料を、一般的な自動車保険よりも安く設定したのが、セールスポイント。
そのつもりで説明をうかがっていたところ、我が家にとって、見逃せない点を発見。

話は飛ぶが、長女が今月末から、合宿形式で免許を取得する予定。
運動がとても苦手な長女だから、何日で帰って来れるのかはわからないが、免許を取ったら、自動車保険の運転者を、現在の「本人と配偶者のみ」から、「家族限定」に変更しないとならないのかなあ、と思っていた。

長女を自動車保険に入れると、現在は35歳以上としている年齢条件を、無制限にしなければならず、保険料がぐ~んと跳ね上がる。
ただでさえ、先日のブログに書いたとおり、自損事故で保険を使って、3等級下がったばかりなのに、年齢条件を変えるのはイタイ。

そんなことを考えていた矢先に、おとなの自動車保険の場合は、子どもを運転者に入れても、主な運転者である主人の年齢のまま、契約できることがわかった。
主人は49歳なので、おとなの自動車保険では、かなり安い年齢層に当たる(50歳が一番割安だそうである)。

娘を運転者に加えることで、保険料は若干アップするが、そのアップ幅が、他社の自動車保険に比べると、かなり安くすみそうなのだ。

自分の家の状況に置き換えて、いろいろと質問をしてしまい、「今の我が家が求めていた条件設定だわ♡」などと、浮かれていたら、「残念ながら、事故を起こしたばかりの方の新規契約は、ネット経由ではまだできないんですよ。早急にシステム対応しようと思っているんですけど、畠中さんのところは3月更新だと、間に合いませんね」と言われてしまった。

があ~ん。

なぜ、ショックを受けたかというと、ネット経由だと、保険料が1万円安くなるのだ。
電話を掛ければ、入れるとのことだが、1万円高いまま、契約するのはもったいない。
今のところの予定では、5月頃にはシステム対応が整いそうだということなので、自動車保険の見直しは、次々回に持ち越しになった。

そのため・・・
娘が免許を取っても、自宅の車は当面運転させない予定。
初心者には運転しにくい車なので、あちこちぶつけられても困るから、「レンタカーを借りてくれ。レンタカー代は出してあげるから」ということにした。

我が家の場合は、保険を使ってしまったばかりで、ネット経由の見直しができなかったが、お子さんが運転するようになって、自動車保険料が高くなって困っているという方がいらしたら、セゾンの「おとなの自動車保険」で、保険料を調べてみてはどうだろうか。

ちなみに、お子さんの友達が運転した場合、自動車保険の名義に入っていないことにはなるが、「おとなの自動車保険」では補償の対象に含めてくれる。
お子さんが運転しているご家庭にとっては、「子どもの友達まで補償してくれる点」は、安心感が高いといえるだろう。

|

« 昔ファンだった人のコンサートに | トップページ | 陽子線の研究センターを見学 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。
こちらの記事を読んで、資料請求の為に電話したところ、1年以内の事故ありの場合は、引受ができないとの案内でした。私は事故ありなので、今年は現契約の保険を継続して、来年また検討してみようと思います!
事故を起こさない事が一番ですけどね☆

投稿: | 2011年2月 7日 (月) 17時27分

お名前がなかったですが、コメントをありがとうございます。
本文にも書いたとおり、我が家も今年、自動車保険を使ってしまったので、「おとなの自動車保険」には入れませんでした。
「電話で申し込めば入れますよ」と開発した方が言っていたのですが、「電話してもダメだと言われた方がいますよ」と伝えておきます。
貴重な情報をいただきまして、ありがとうございました。
もうすぐ、免許を取得する予定の娘がいるので、来年は自動車保険を使うような事故を起こさないようにして、等級を18等級に上げてから、「おとなの自動車保険」に入り直したいと思っています。
また、コメントをくださいね。

投稿: 畠中 雅子 | 2011年2月 8日 (火) 03時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔ファンだった人のコンサートに | トップページ | 陽子線の研究センターを見学 »