« 「中高年のための消費生活講座」 | トップページ | 4月以降の「出産育児一時金の受け取り方法」の変更点 »

主人の薬代

数日前、主人から、病院の診察料と薬代の精算を要求された。
主人の薬代は、家計費から出しているので、いつものことなのだが、明細書を見ると、今までよりも金額が高くなっていた。

「あれ?薬代、高くなったんじゃない?」と私。

「そうかもしれないね」と主人。

「お酒をあれだけ飲みながら、高血圧の薬も飲んでいるって、もったいないと思わないの?」と、イヤミたらしく聞いてみた。

すると「それじゃあ、今度から、薬代を節約するために、飲む間隔を今までよりあけるようにするよ」と言い返された。

それじゃあ、全く意味がないじゃありませんかい!!!
「お酒を控えて、薬が減るようにするよ」と答えるのが、話の流れじゃないのかい・・・

と突っ込んだが、主人は私の反論にもどこ吹く風。
薬を飲む間隔はあけても、お酒を飲む間隔をあけるという気は、さらさらないようだ。

これじゃあ、いつまで経っても、薬の量を減らすのは難しいだろうなあ。

ついでだけど・・・
高血圧の薬を飲んでいるせいで、保険の見直しの際、制限がかかって大変なんだぞ!
すこしは反省せい!

|

« 「中高年のための消費生活講座」 | トップページ | 4月以降の「出産育児一時金の受け取り方法」の変更点 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「中高年のための消費生活講座」 | トップページ | 4月以降の「出産育児一時金の受け取り方法」の変更点 »