« 「生活設計セミナーPART2」は、5月27日に延期します! | トップページ | 自動車保険の更新 »

地震の最中に恐縮ですが。。。

まだまだ地震の影響が生活のさまざまな面に及んでおり、被災地の方々は、先の生活設計が立てられない不安にも立ち向かわなければならない中で、こんなブログを書くのはとても恐縮ですが。。。
実は昨日まで、韓国に行ってました。

本当は12月に行くはずだった韓国ですが、長男のケガでキャンセルせざるを得なくなり、予約をしなおした韓国旅行。
そして、「今度こそ、無事に行ければ・・・」と思っていたら、大地震。

行こうか、やめておこうかと、かなり悩みましたが、今回やめると、旅行に行ったよりもキャンセル料(2回分で)が高くなりそうだったので、周囲の人にもほとんど話をしないまま、こっそり訪韓することにしました。

行き先は、釜山。
韓国第2の都市です。

釜山にしたのは、マイレージの関係ですが、釜山に行くことにしたときから、「外島」に行こうと決めていました。
「冬のソナタ」をご覧になった方であれば、ピンとくると思うのですが、最終回の「不可能な家」を撮影したロケ地です。

外島は、イ・チャンホ氏(故人)とチェ・ホスク氏のご夫妻が開発した個人所有の島(海上農園)で、1995年からは一般の人の見学が許されています。
その管理事務所がラストシーンに利用されたらしいのです。

外島は、1時間30分くらいしか滞在を許可されておらず、見学の順路も決まっている島。
そのところどころに、ドラマで使われた場所が点在しています。

私が外島へ行こうとしたのは、3泊4日の旅行の3日目。
その日は、朝から雨が降っていて、嫌な予感がしましたが、午前11時の遊覧船が出るとのことで、船が出ることを願いつつ、遊覧船乗り場へ向かいました。

ところが、です。
嫌な予感が当たったというか、乗り場まで行く途中で、風によって船が出ないという連絡が入りました。
遊覧船乗り場まで数分のところまで来ていたので、とりあえず遊覧船乗り場までは向かい、外島のパンフレットをもらっただけで、釜山市内にUターン。

があ~ん。
目の前に、外島があるはずなのに(霧で視界がほとんどない状態)、遊覧船乗り場で引き返すなんて。。。
今回の旅行は、外島に行くのを楽しみにしていたのに。。。

ということで、今まで海外に行った中では、最悪のパターンで旅行を終えることになりました。

ちなみに・・・といいますか、外島にはオプショナルツアーで行きましたが、3人分(1人分は子ども料金)で3万6000円を支払って、予定していた海鮮鍋の食事もせず、予定の半分以下の時間で釜山に戻りましたが、返金されるのは1万1000円程度らしく・・・。
つまり、2万5000円も支払って、遊覧船乗り場に行っただけで終わりました。

もし、この先、外島に行こうと思う人がいらして、同じように船に乗れなかった場合は、海鮮鍋の食事をして、釜山観光に振り替えたほうが、「もったいない感」は薄れる気がします。
我が家の場合は、次男が車に弱く、車での観光は難しいかなあと思ったので、市内の市場で降ろしてもらったわけですが。

本来なら、返金はゼロだったかもしれないのですが、「少しだけお返ししましょう」とのことで、1万円ちょっとながら、返金してもらえることに。
遊覧船に乗れず、目的地に行けないというのは、旅行の天災リスクですね。

オプショナルツアーとは別の話ですが、今回は海産物が苦手な次男を連れて行ったおかげで、釜山という港町なのに、海産物をほとんど食べられませんでした。
ホテルの近くにあった、あわび粥の有名店に行ったくらいでしょうか。。。

ホテルのテレビでは、日本で見ていた時よりも、ずっと生々しい災害時の映像が流れることもあり、「日本は大変な状況なのに、旅行なんて言って浮かれているからバチが当たったんだ」と自分に何とか言い聞かせて、帰国の途へ。

とにかく、
これほど徒労感の大きい旅行は初めての経験でした。

収穫と言えば、日本では未放送の韓国ドラマを、何本か見られたことくらいでしょうか。

たとえば。。。
ユン・ジョンヒ氏とイ・ジェファン氏の「笑って、ママ」(だと思うのですが)は、まだ日本での放送が決まっていないと思われますが、滞在中に2本見れて、ちょっとラッキーでした。

韓国には、以前も行こうとして予約したものの、主人が海外出張に行くことになり、急きょキャンセルして10万円ものキャンセル料を払った経験もあり(以前、ブログに書いた気もしますが)、めぐり合わせがよくないような気も。
でも、遊覧船乗り場まで行ってしまったので、数年以内にもう一度、外島観光にチェレンジしてみようかなあとも考えています。

その時は、オプショナルツアーではなく、個人的にタクシーを手配しようと思っています。
タクシーの手配なら、1日目がダメでも、2日目は行けるかもしれませんし、キャンセル料などの条件も、オプショナルツアーよりも相談にのってくれそうだからです。
現地で知り合ったタクシードライバーの方に聞いたら、金額的にもっと安く行けそうな感じでした。

いずれにしましても・・・
地震で大変な目に遭っている人がたくさんいる中で、旅行の話題などを書いて、申し訳ありませんでした。

|

« 「生活設計セミナーPART2」は、5月27日に延期します! | トップページ | 自動車保険の更新 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「生活設計セミナーPART2」は、5月27日に延期します! | トップページ | 自動車保険の更新 »