« 長男、今度は階段から突き落とされる | トップページ | 我が家は学童保育? »

リバースモーゲージを使って、住宅ローンの借り換え

数日前、東京スター銀行に行った。
打ち合わせが目的である。

打ち合わせの席で、リバースモーゲージの話をしていたのだが、話をしている中で、「目からウロコが落ちた」と感じたことがある。

それは、リバースモーゲージを「住宅ローンの借り換え」に利用するという方法だ。

具体例で、ご紹介してみよう。

たとえば、職を控えた人がいるとする。
2000~3000万円の退職金はもらえるが、住宅ローンの残債が1500万円くらいあるとする。

この場合、退職金を使えば住宅ローンを完済できるが、完済すると、手元の貯蓄が減ってしまう。
そこで、リバースモーゲージの登場!である。

このケースの場合、東京スター銀行のリバースモーゲージを使って住宅ローンの完済資金をねん出し、現在の住宅ローンは返してしまう。
この時点で、住宅ローンの返済からは解放される。

そして、リバースモーゲージでお金を借りたら、その金額と同額か、それより多い金額を東京スター銀行に預ける。

東京スター銀行のリバースモーゲージは、預金連動型になっているので、借りた金額と同じ金額の預金(普通預金)をすれば、借入金に利息はかからない。
申込時にかかる手数料と、年間1万2600円の管理料を支払えば、月々の返済はない。

リバースモーゲージで家を担保に資金を作れば、退職金を手元に残せるので、老後資金が少ないという不安感を軽減できるし、好きな時に返済してしまうのも可能。
契約者が亡くなった後でも、配偶者に限っては、契約を引き継げる。

お子さんに相続させる必要のない家であれば、引き継いだ配偶者が亡くなったとき、家を手放すことで、借入金を清算すればOK。
退職金を自分たちの老後のために、自由に使えるわけである。

お子さんに家を残したい場合は、退職金の一部で、終身保険に入ってもらい、その保険金で借金を返済するプランも立てられる。

ただしお子さんなど、夫婦以外の第三者が同居している場合は、信託報酬がかかってしまうので、コストを計算した上でないと、おすすめできるかわからないが・・・・

住宅ローンの返済をストップさせた上で、老後資金も温存できるこの方法。
私は、目からウロコが落ちたが、皆さんはどのように感じられるだろうか。

|

« 長男、今度は階段から突き落とされる | トップページ | 我が家は学童保育? »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長男、今度は階段から突き落とされる | トップページ | 我が家は学童保育? »