« ひきこもり家族のライフプラン講座 | トップページ | リバースモーゲージを使って、住宅ローンの借り換え »

長男、今度は階段から突き落とされる

先週から今週にかけて、長男がまた、学校に行ったり、行けなかったりを、繰り返している。
担任の先生も心配して、毎日連絡をくれたり、原因を探ってくれたりしていたが、先週後半、足を引きずりながら帰ってきた。

もちろん、どうしたのか、何度も聞いたが、本人は「何でもない」との返事をするばかり。
・・・で、担任の先生が調べてくれた結果、同級生に階段から突き落とされて、捻挫したことが判明。

そのお子さんのおウチから、お詫びの電話をもらったが、少し前に別のお子さんに骨折させられて、謝ってもらってから数カ月しか経っていないので、電話をもらっても「またかあ、電話に出るのもいやだなあ」という感じ。
今回は、「一方的に○○くんが悪いとは思っていませんが、また同じことが起こらないようにお願いします」と答えた。

中学2年生のあいだに、蹴られて骨折し、階段から突き落とされて捻挫するなんて、学校に行きたくないのもわかるし、同じことが繰り返されるのは、本人にも問題があるのだろうし・・・で、どうしたらいいものか、頭を抱える日々を送っている。

息子のことで、仕事のスケジュールはめちゃくちゃ。
予定通りに原稿が入稿できず、校正を戻すもの精一杯。

私としては、怪我が繰り返されるなら、中学に通うのはあきらめてフリースクールに通わせようかとも思っているのだが、本人に言っても、どう考えているのか、反応がいまひとつ、つかめないまま。

本人に根本的な原因があれば、場所が変わっても同じことが繰り返されるだけなので、原因を正確に把握して、解決の方向に向かわせてあげたいと思うものの、中2の男の子なんて、親に本音を言うわけもなく、難しさが増すばかり。

担任の先生に対しても、次々に問題が起こり、そのたびに真摯に対応してくださっているので、申し訳なさも増すばかり。

ひきこもりのお子さんを持つご家庭のアドバイスをしている中で、「ひきこもり始めたのは中2から」と言われるケースが過去に10例以上あったが、中2というのは、本当に難しい時期なんだと、実感する日々である。

ご自分の体験談など、アドバイスをいただけると、幸いです。

VZA00315@nifty.ne.jp

|

« ひきこもり家族のライフプラン講座 | トップページ | リバースモーゲージを使って、住宅ローンの借り換え »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひきこもり家族のライフプラン講座 | トップページ | リバースモーゲージを使って、住宅ローンの借り換え »