« ユーカリが丘のセミナーに参加してくださった方へ、感謝です! | トップページ | 我が家に消防車がやってきた »

「信託」の勉強会にて

少し前のことになるが、信託に関する勉強会に参加した。
プルデンシャル生命が取り扱っている生命保険信託をきちんと理解する上で、その前提になる「信託」という仕組みを知っておくことは欠かせないと思っていたので、とても有意義な勉強会であった。

信託の仕組みとしては、信託財産を預ける「委託者」、財産を預かり、管理や処分をおこなう「受託者」、そして財産の実質的な所有者となる「受益者」の三者が登場する。
財産は信託の仕組み上、「受託者」が預かっているが、税務上、実質的な所有者である「受益者」に課税の義務が生じるなど、基本的な仕組みについて、自分なりにはかなり理解することができた(つもり)だ。

勉強会の中で印象的だったのは、親が長男に財産を贈与したいが、その妻(嫁)にはあげたくない場合、1番目の受益者は長男とし、2番目の受益者は「自分(親)」とすることもできるということ。
相続に従うと、長男が先に亡くなった場合は、親ではなく、妻や子のほうが相続の権利は優先されるが、信託財産にしてしまえば、嫁に渡さず、自分に戻すことも可能なようなのだ。
お嫁さんとの仲が悪いケースなどでは、使える気がする。。。

また、2回以上結婚していて、今の妻(子どもなし)に渡して残った分がある場合は、妻の兄弟姉妹ではなく、先妻の子を次の受益者に指定することも可能らしい。

もちろん、贈与した時点で贈与税の対象になるため、子どもに渡して、自分に戻せば、もともと自分のお金なのに、2度、贈与税がかかる可能性が高いが、贈与税を払うことを許容すれば、相続のように、決まった順番に従わなくてもすむことになる。

期限は、信託の開始から30年先まで。
実際にはぴったり30年ではなく、30年が経過した後、次の相続が発生するまで。
第1受益者、第2受益者、第3受益者・・・と指定していき、たとえば第2受益者が亡くなった後に30年が経過した場合、第3受益者が亡くなるまで、信託契約は継続できる。

信託の仕組みを知れば知るほど、ひきこもりのお子さんがいるご家庭だけでなく、資産家のご家庭で、自分の財産を自分の意思どおりに譲りたい方には、検討できる方法だと感じた。

|

« ユーカリが丘のセミナーに参加してくださった方へ、感謝です! | トップページ | 我が家に消防車がやってきた »

FPの仕事から」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーカリが丘のセミナーに参加してくださった方へ、感謝です! | トップページ | 我が家に消防車がやってきた »