« GW中の出来事 | トップページ | 東京スター銀行でセミナー、のお知らせ »

原野商法に解決策はある??

タイトルに「原野商法」という言葉が入ったので、「どんな内容なのか?」といぶかしく思った方もいるかもしれないが、実は亡くなった私の父が、生前に原野商法の土地をつかまされていた。
しかも、1度ではなく、2度(2か所)である。

場所はどちらも北海道で、公図(だったと思う)で確認したところ、どちらも公道からは遠く離れた、まさに原野の中にある土地だ。
その原野を売ったのは、父の友人だったらしいので、父にとっても悲しい出来事だったと思われるが、その原野商法の土地で、2次被害なども起こっている。

なぜ、今日のブログで原野商法を話題にしているかというと、昨日、久しぶりに「土地を売りませんか?」という電話が掛ってきたからである。

今までもさんざん、手紙やはがきで売却の勧誘をされてきたが、一番多かったパターンは、「今のままでお持ちの土地は売れませんので、測量をしましょう!測量さえすれば、土地は高く売れますので、まずはわが社に50万円、振り込んでください」というもの。
これは、測量詐欺だと思われる。

会社名は異なるが、測量の誘いと同じ時期に、「その土地を高く買いたい」という勧誘の手紙が届くのも、慣例になっている。
つまり、「土地を買う人がいる➩だから、測量をするしかない」という形で、測量を促すのである。

ほかにも、いろいろなパターンの勧誘を受けてきたが、私が対応した中で、一番意外だったのは、リフォーム代の割引勧誘。
「売れない土地をお持ちで大変でしょうから、適正価格で我が家が買い上げて差し上げます。我が社が買えば、土地の所有者としての記載を抹消することができますよ」という勧誘を受けたこともある。

その勧誘に対して、「そんなことをして、御社にはどんなメリットがあるんですか?その土地を売ることは、すでにあきらめているんですけど」と私が言ったら、「我が社に何らかのリフォームを発注してください。そのリフォーム代から土地代金分を差し引かせていただきます」と言われた。

原野商法の土地を買ってから相当な時間が経っているので、買った人の自宅は古くなっているはず。
その会社では、自宅等のリフォーム工事を請け負うために、原野商法の土地を買い取り、その代金と同額を、リフォーム代から割り引くというシステムを思いついたらしい。
もちろんその会社にリフォームを依頼する気持ちは起きなかったが、今までとは異なる勧誘方法に、思わず感心してしまった記憶がある。

そのほかにも、一時期はいろいろな勧誘を受けたので、「こんなに勧誘されるってことは、2次被害や3次被害に遭った人がたくさんいるんだろうなあ」と、想像したことがあったが、昨日掛かってきた電話は、最後までどんな仕組みかわからないままだった。

業者「もしもし、○○と申しますが、北海道の土地をお持ちですよね?」

私「亡くなった父名義の、原野商法の土地のことですか?」

原野商法だと私が言ったので、相手は一瞬ひるんだようだが、

業者「その土地のことで、お困りではないですか。そこで、その土地を当社が転売しますので、お任せいただけませんか?」とのこと。

私「公道まで何キロもあるような原野の土地を、どうやったら売却できるんですか?」とたずねると、

業者「いろいろな方法があるんですよ。隣接する土地をお持ちの○○さんや○○さん、それに○○さんも、当社に任せてくださることになったので、○○様(私の父名義)の土地もまとめて我が家に任せていただければ、まとまった単位にして売却できます」という。
○○さんと言われても、もちろん知らない人の名前である。

私「いろいろな方法って、いったいどんな方法ですか?隣接した土地をどんなにまとめたって、公道まで何キロもあるのに、どうやったら売却できるんですか?それに、御社にどんなメリットがあるんでしょう?」と聞いたが、

業者「いろいろな方法があるんですよ」としか答えてくれない。

私「今までいろいろな勧誘を受けてきましたが、どれも具体性のないものでした。もし、本当に売却できるというなら、その方法を教えてください。方法がわからないのに、話を進めることはできませんから」と食い下がってみたが、その方法については、どんなに聞いても、のらりくらりとはぐらかすばかり。

そもそも、掛かってきた電話番号からして携帯の番号だったので、私も最初から、本気では受け答えをしてはいなかったが、「いろいろな方法がある」「それなら、その方法を教えて」「いろいろあるんですよ」という無駄なやりとりが続き、面倒くさくなったのか、先方(業者)があきらめて電話を切った。

「北海道の土地はだまされたんだから仕方ない」と思って、これ以上の被害を被らないようにするのが精いっぱいだが、父が生きていたら80歳くらいになるので、同じ頃、原野商法の土地を売られていた人たちも、似たような年齢になっている方が多いはず。
だとすると、「自分の生きているうちに、何とか処分したい」と気持ちが焦って、2次的な被害を被ってしまう可能性は十分にあるだろう。

我が家では、すでに土地の売却はあきらめていて、電話がかかってくるたびに、「今度はどんな詐欺なんだろう」と想像しつつ対応しているが、それと同時に、「なんで2度も原野を買ったんだろうなあ」などと、父のことを懐かしく思い出したりしている。

|

« GW中の出来事 | トップページ | 東京スター銀行でセミナー、のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うちの父も原野商法の北海道の土地持ってますね。
父は三男で、長男次男とともに買ったらしいです。
長男次男は他界していて、権利書(?)は娘婿や息子が管理しています。
うちの父がだまされるといけないので、長男の娘婿が保管していますが、おかしな書類が届いたり電話がかかってくるという話を聞きます。
兄弟3人で仕事をしていて、いろいろな物を一緒に買っていたようですが、当時は誰も疑わなかったのでしょう。
出始めの電子レンジも、一緒に買ってました。
景気がよかったんだな~って思います。

投稿: YELL | 2011年5月11日 (水) 19時47分

YELL様
コメントをありがとうございます。
YELLさんのお父様も、原野商法の土地をお持ちなんですね。。。迷惑かもしれませんが、親近感を勝手に感じてしまいました。
本文にも書いたような、おかしな電話に引っ掛からないように、くれぐれもお気を付けくださいね。

投稿: 畠中 雅子 | 2011年5月12日 (木) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW中の出来事 | トップページ | 東京スター銀行でセミナー、のお知らせ »