« 主人の医療保険加入・途中経過編 | トップページ | 次男、今度は塗装屋さんに助けられる »

今度は、お風呂を修繕中

昨年の夏、建築を請け負った工務店のずさんな工事によってシロアリの被害に遭ってしまい、1階の床が下がったのを、1ヶ月近くかけて修繕したことは、ブログでご紹介したとおり。

そして今後は、風呂場からの水漏れがあって、実はこの1カ月以上、自宅のお風呂に入れない状態が続いている。
「汚いなあ」と誤解されてしまうといけないので、私と娘は事務所マンションのお風呂に入り、主人と息子たちは、銭湯に通っている。

今回の漏水が、工務店のずさんな工事の影響なのか、東日本大震災の影響なのかははっきりしないが(おそらく、両方の気がするが)、被災した方々のことを考えると、「自宅のお風呂に入れないくらいで、騒ぐのは申し訳ない」と思って、ブログに書くのを控えていたが、ようやく修繕の終わりが見えてきたので、少しだけご紹介しておこうと思う。

さて、我が家のお風呂は、岩風呂である。
我が家で一番陽当たりの良い3階の南向きにお風呂場が位置するのだが、かなり広いお風呂で、これがまあ、水道代やガス代はかかるは、冬は寒くて(石が冷たい)身体が温まりにくいわで、やっかいなお風呂でもあるのだ。

そのお風呂が水漏れを起こし、原因を究明したところ、給湯器?から続いている銅管にヒビが入ったのではないかとのこと。
洗い場の石を一部壊し、同じ石を貼る作業をしているのだが、壊すのは一部でも、石は全部、貼り替えなければならない。
岩風呂用の石なので、これがまた高い。
家計に余裕がないときに、痛い出費である。

ところで、震災の影響で、お風呂が壊れたお宅は結構あるようで、工事に1カ月以上かかった理由は、水道屋さんが忙しくて、なかなか修繕工事が進まなかったことにある。
近所でもずいぶん、漏水を直しているようだ。

私の知り合いにも、困っている人がいた。
「その日の午前中は修繕工事をしているため、打ち合わせは午後の遅い時間にしてもらってもよいですか?」と仕事先にメールを送ったら、「実は我が家もお風呂が壊れたんです。たぶん、地震の影響だと思います」という返信メールが届いたこともある。

ところで。。。
今度はお風呂の修理代を支払わなければならず。。。
こんな調子であちこち修繕をしていたら、そのうち、安めの一戸建てが建てられてしまうくらいの出費になってしまうかもしれない。

年中、工事の車が家の前に止まっているので、「この家は、なんでいつも、工事ばかりしているんだろう??」と、近所の人に思われているかもしれないし。。。

次は、どんなトラブルが発生するのか。
ずさんな工事をされているだけに、落ち着けない日々が続いている。

突然の高額な出費に苦しめられているし、今後もどんな出費が必要になるか分からないので、貯蓄を取り崩してでも、住宅ローンを完済することにした。
住宅ローンを借りてから、約6年。

6年間の平均金利が1.2%台ですんだローンで、住宅ローン控除を10年間使わないままで完済するのは、もったいない気もするが、かなりの金額を支払っているし、他にも2軒、住宅ローンの支払いを抱えているので、自宅の住宅ローンを払ったまま、修繕費用を負担するのは大変すぎる。

もうこれ以上、修繕費用がかからないことを願うばかりである。

|

« 主人の医療保険加入・途中経過編 | トップページ | 次男、今度は塗装屋さんに助けられる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主人の医療保険加入・途中経過編 | トップページ | 次男、今度は塗装屋さんに助けられる »