« 長男の運動会 | トップページ | ひきこもり家族のご相談、「50代のお子さん」が増える »

悲しい知らせ

先月の27日、元SGワナビーのチェ ドンハ氏が亡くなられた。
享年29歳。
あまりにも若すぎる死である。

私は熱狂的なファンというわけではないが、ドンハ氏がSGワナビーを脱退する最後のコンサートに行ったり、脱退後、初めて日本で公の場に姿を現した、キム ボムス氏のコンサートのゲスト出演の際も、札幌まで聴き行った。

東京でおこなわれた、ファンミーティングを兼ねた(たぶん)コンサートにも足を運んだ。

新生SGワナビーのコンサートに行くたび、いつかまた、ドンハ氏を含めたメンバーで歌ってくれることを密かに願ってきたが、それは一生叶わぬ願いとなってしまった。

ファンサイトで見つけたお葬式の様子を見たが、出棺のときのお母様の泣き叫ぶ声が耳から離れない。
一人で暮らす母親の生活の面倒を見ていた(韓国のドキュメント番組で、以前、そのように紹介されていた)親孝行息子を亡くし、その心中を察するなどという言葉を、軽々と口にできないほどの、悲しみが伝わってきた。

亡くなったというニュースを聞いたときは、あまりに突然のことで信じられず、ブログに書いていいものか悩んでいたが、私の周りにはSGワナビーのファンの人がいないので、もし同じように悲しんでいる人からコメントでももらえたら…と思い、ブログに書かせてもらうことに。

亡くなった知らせを聞いてから、まだ持っていなかった、ドンハ氏時代のSGワナビーのDVDを、手に入るものはすべて、購入。
手元に届いても、しばらくは悲しくて見れないと思うが、いつか見る日のために大切に取っておこうと思う。

故人のご冥福をお祈りいたします。

|

« 長男の運動会 | トップページ | ひきこもり家族のご相談、「50代のお子さん」が増える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長男の運動会 | トップページ | ひきこもり家族のご相談、「50代のお子さん」が増える »