« 東京都北区にお住まいの小中学生をお持ちの方へ | トップページ | 温泉浴場付きの有料老人ホーム(蓮田オークプラザ駅前温泉館)を見学 »

三菱東京UFJ銀行から電話がかかる

自宅の近くに仕事場を持っているので、平日の昼間、自宅にいる機会は少なく、自宅にかかる電話にはほとんど出られないのだが、今朝、家を出ようとしたら三菱東京UFJ銀行から電話がかかってきた。

「先日、住宅ローン相談会のご案内をお送りしましたが、お読みいただきましたでしょうか?」とのこと。
「すみません。読んでいません」と私。

すると、「住宅ローンの借り換えなどをご検討されていませんか?」と聞かれた。

先日のブログに書いたとおり、自宅の修繕にたびたびお金がかかっているし、これからも相当な金額がかかりそうなので、今のまま住宅ローンを払っているのは大変だということで、住宅ローンの完済を予定している。
とはいえ、はじめてかかってきた電話に、細かいことまで答えても仕方ないので、「もうすぐ、自宅の住宅ローンは完済する予定なんです」と答えつつ。。。

「実は、うかがいたいことがあるんですが、この電話でいきなり質問してもよろしいですか?」と聞いてみた。

「自宅の近くに持っているマンションは、まだたっぷり住宅ローンが残っているんですが、住民票がない物件だと、住宅ローンは投資用ローンの金利になってしまいますか?」と私。

すると、「そのマンションには、どなたも住まれていないんですか?」と先方。

「はい。私が毎日通って、仕事のために使っていますが、住んではいません」と私。

この時点で、「いったいどんな仕事をしているんだろう?」と、不思議に思われたかもしれないが、「住まれていない場合、優遇金利はお使いになれないんですよ。借り換えをされるとしても、変動金利でお貸しする場合、基準金利が2.475%で、それに0.8%の金利上乗せがありますので、3.275%になってしまいますね」と先方。

なに~???
金利優遇どころか、金利「上乗せ」だと~~!!

銀行の人はぜんぜん悪くないのに、金利が上乗せされるという事実に愕然としながら、「3.275%だと、借り換えすることで、かえって適用金利がアップしてしまいます。やっぱり住民票がない物件は、住宅ローンの条件が不利ですね。教えていただいて、ありがとうございました」と言って、電話を切った。

少し余談になるが。。。

事務所のマンションを買う際、不動産会社の営業マンから、「奥さまだけ、住民票を移動すれば、優遇金利も受けられるし、不動産取得税も安くなりますよ。それに、住宅ローン控除だって、使えるじゃないですか!」という貴重なアドバイス?を受けたが。。。
「知識がなくて、そのようにするのは仕方ないかもしれないけれど、税金を安くしたり、金利優遇を受けるためだけに住民票を移すのは、犯罪とはいえないまでも、グレーなことですよね。お金のアドバイスをする仕事をしているのに、人さまに話せないことをするのは問題だと思いますので、優遇金利や不動産取得税の軽減、住宅ローン控除の利用はあきらめます」というやりとりをした経験がある。

事務所用のマンションは、結果的にフラット35のセカンドハウス融資を利用したので、金利上乗せはなく、フラット35の金利のままで借りることができたが、「フラット35S」はその年度の予算が尽きていて、該当マンションだったが、利用できなかった。

➩今年の「フラット35S」も年度末まで予算が持たないかもしれないので、年内中に家の取得を考えている方は、早めの申し込みがおすすめです!

事務所のマンションの、現在の適用金利は2.791%である。
これより低い金利に借り換えできるローンはないのだろうか。
誰か知っていたら、教えてくださ~い。

|

« 東京都北区にお住まいの小中学生をお持ちの方へ | トップページ | 温泉浴場付きの有料老人ホーム(蓮田オークプラザ駅前温泉館)を見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都北区にお住まいの小中学生をお持ちの方へ | トップページ | 温泉浴場付きの有料老人ホーム(蓮田オークプラザ駅前温泉館)を見学 »