« 息子たちの家庭教師 | トップページ | クーポンサイト、買いすぎで使うのが大変に。。。 »

地方でも、ひきこもり家族のご相談を受けられることを望む

私のブログには何度も出てくる「ひきこもり家族」のご相談の話だが、最近、地方からわざわざ足を運んでくださる方が増えている。

北海道と沖縄からいらした方はまだいないが、それ以外の地域からは、飛行機や新幹線を使って、わざわざご相談にお見えになる。
相談料よりも、交通費のほうがずっと高くついてしまうため、ご相談件数が増えるほど、「日本全国のFPに協力してもらえないだろうか」と感じる機会が増えている。

加えて・・・
もうすぐ、内閣府のほうから、ひきこもり家族向けのハンドブックが発行される予定になっている。
ハンドブックは、ひきこもりのお子さんをサポートしている機関や団体に配られると思われるが、配布先は全国にわたる。

そうなると、ますます地方からのご相談が増えるような気がする。
関東近郊のご相談者については、アドバイスの体制もかなり整ってきて、協力してくれる人もいるので、相談件数が増えても対応できると思うのだが、地方のご相談については、私が足を運ぶのは難しいので、今のところは来ていただくしかない。

そういう意味でも、地方在住のFPの方で、ひきこもり家族のご相談を受けたいと思う方。
いないでしょうかねえ。

|

« 息子たちの家庭教師 | トップページ | クーポンサイト、買いすぎで使うのが大変に。。。 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 息子たちの家庭教師 | トップページ | クーポンサイト、買いすぎで使うのが大変に。。。 »