« 高齢者施設でのセミナー | トップページ | 個人面談で、先生に尋ねられたこと »

今年も気の重い、夏休みに入る。。。そして、また事件が起きる。

学齢期のお子さんをお持ちのご家庭は同じだと思うが、我が家の子どもたちも夏休みに入った。
子どもたちにとっては楽しい夏休みだろうが、親にとっては、気の重い40数日となる。

中3の長男は、毎日塾やら、学校の補講などで忙しくしているのでまだよいが、塾を辞めてしまった次男は、毎日がバラ色の日曜日。
家庭教師の先生には週に1回、来てもらっているが、それ以外は夏休みの宿題をやる素振りも見せず、テレビを見たり、ゲームをしたりと。。。自由気ままに過ごしている。

こんな状態がずっと続き、結局、夏休みの最終日に、親や姉、兄が次男の宿題をやらされるのかと思うと、今のうちからため息をついてしまう。

ふだん、夕食の支度だけでも頭が痛いのに、お昼のことも考えなければならず、取材を受ける時間などの調整が面倒でもある。
取材相手にも、時間を制約してしまって申し訳ないし。

ところで。。。
少し前、我が家でまたまた事件が起こった。

今度も、次男がらみのものなのだが、主人が引き出しに入れていた、へそくりが盗まれたのだ。
金額は4万円。

誰が盗ったのか、なくなった日に遊びに来た子はひとりしかいないので、おおよその見当は付いているのだが、どのように対応してよいのかわからないまま、何日も時間が経っている。

そのことを、子育ての先輩ママに相談したら、「そういうことって、実はよくあるのよ。ウチの子どもたちの友だちの時にも、いろいろあったしね」と、サラッと言い返されてしまった。

本当に、よくあること???なんだろうか。

あまり大げさにはしたくないし。。。
とはいえ、誰がやったのか、ある程度わかっている以上、その子がまた遊びに来ることを考えると、放っておくのもいかがなものかと。

4万円を持ち出しても平気という感覚は、後のことを考えるとコワいのだが、先輩ママの話だと、「そういう子は、悪いなんて思ってないから、反省を促しても無駄」とのこと。

こういうとき、皆さんだったら、どのように対応しますか?

うまい対応法があれば、ぜひ、教えてください。

|

« 高齢者施設でのセミナー | トップページ | 個人面談で、先生に尋ねられたこと »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高齢者施設でのセミナー | トップページ | 個人面談で、先生に尋ねられたこと »