« 元SGワナビー チェ ドンハssiの四十九日法要で、韓国へ | トップページ | 高齢者施設でのセミナー »

四十九日法要ツアー、雑感

前の記事で、チェ ドンハssiの四十九日法要ツアーに行ったことを書いた。
法要ツアーの内容やツアー内での出来事については、古くからの熱心なファンの方々の気持ちを考えると、前の記事に書いた以上のことを私が書くのは気がひける。

そこで、ツアーの雑感として、私が感じたことをいくつか書かせてもらおうと思う。

参加者の人数などは書けないが(記事に出ていたのとは、違うため)、私が話をした人のほとんどは、正社員として働いていた。
実は、このことは、かなり意外だった。

韓流ファンのおばさま方は、働いていなくて、旦那のお金でいろいろな所に行ったり、グッズを買い集めたりしていると言われることがあるからだ。
何となく、私自身も、そのようなイメージを持っていた。

もちろん、働いていないファンの人もたくさんいるのだろうが、今回の法要ツアーの参加者に関しては、仕事の都合を付けて参加している人が多かった。

働いていると自分の自由になるお金があるから、参加できるというのも、あるのだろうか。。。

たとえば。。。
2日目のバスで隣に座った人は、東北地方からの参加者。
午前中の仕事を終えて、そのまま上京。
出発前に日本で1泊して、現地のツアーは1泊2日で参加。
2泊3日の参加者よりも1日早く日本に帰ったが、その日のうちに自宅には戻れないから、都内で1泊するという。

つまり、法要ツアーには1泊2日しか参加できないのに、全体では3泊4日の日程を費やしている。
他にも、法要ツアーは2泊3日だが、前泊、後泊とで4泊5日の日程になっている人もいた。

私も、帰ってきてそのまま仕事をしていたが、夜行バスで帰って、そのまま職場に行くと言っていた人もいた。
参加者それぞれに、仕事の都合との折り合いを何とかつけていたのである。

どうしても都合がつかずに、参加できない人から預かった品物を、代わりにスカイキャッスルの遺骨のある部屋に届けていた人も。。。

ファン同士の雰囲気は俳優や歌手の人それぞれにあるのだろうが、ドンハssiのファンは、1人でポツンと佇んでいる人を見つけると、誰かが声を掛けにいくなど、気配りのできる人が多かったと私は感じている。

年齢としては。。。私は参加者の真ん中くらいの年齢ではないかと思う。
一番年上では?と心配していたが、その点は大丈夫??だった。

9月には百日法要ツアーがあって、それにも誘われたが、それは日程的に難しそう。
でも、1人でも多く参加することが、オモニムのためにもなるのかなあと思うと、迷ってしまうところだが。。。

ところが、同じ時期、ある宗教団体がイベントをおこなうという。
日本でも、一時期話題になった合同結婚式である。

そのため、飛行機がとても混んでいて、早く予約しないと、あとから行きたくなっても、行けない可能性もあるのだという。

う~ん。
仕事を調整して、もう1度行こうかなあ。
単行本を脱稿できないままだと、まずいだろうなあ。

|

« 元SGワナビー チェ ドンハssiの四十九日法要で、韓国へ | トップページ | 高齢者施設でのセミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元SGワナビー チェ ドンハssiの四十九日法要で、韓国へ | トップページ | 高齢者施設でのセミナー »