« 昨晩のワールドビジネスサテライト | トップページ | お墓が無くなる? »

ベネッセの介護付き有料老人ホームを見に行く

数日前のことになるが、ベネッセの介護付き有料老人ホームの見学に行った。
ベネッセさんには(ここだけ、さん付けも変だが)、「たまごクラブ」「ひよこクラブ」「サンキュ!」「たまひよbe-fa」「こどもチャレンジ」「教育情報サイト」など、教育関係のあらゆる部署に、仕事でお世話になっているが、介護付き有料老人ホームの見学は、今回が初めて。

シニアライフ情報センターが主催する見学会で、今回は、ホームの方に「ファイナンシャルプランナーとして、見学させていただいています」と、自分の身分を明かしているので、見学したホームの名前も書こうと思う。

見学したのは、「グランダ大森山王」。
ベネッセでは、「アリア」「グランダ」「グラニ―」「くらら」「まどか」など、機能や金額別などに、いくつものシリーズを展開しているが、グランダはアリアよりは、少しリーズナブルな介護付き有料老人ホームといった位置づけだろうか(間違っていたら、ご指摘ください)。

グランダ大森山王は、今年の3月に開設したばかりというのに、すでに予約を含めると、ほぼ満室になっているそう。

閑静な住宅街の中にあるホームで、入居金は18.1平方メートルの部屋で1350万円、36.2平方メートルの部屋で2700万円となっている。
ひと月の利用料は、要介護状態によって若干異なるが、22万円台から24万円台といったところ。

見学していて、「強く印象に残った点」、つまり「これこそが、アピールポイント」という点は、実はあまりないのだが、逆に「欠点」はほとんどないと感じた。

そんな中で。。。
良い点をいくつか挙げると、大田区にあるという都会型の立地を考えると、中庭がある程度取れていて、季節ごとに花が咲くように植栽されているのが、ポイント高し!

あと、食事の際、ティッシュボックスとウエットティッシュ、それと暖かいお茶の入ったポットをテーブルに置いてくれたが、今まで他のホームではあまりそのようなサービスは受けたことがない。
入所者には、そのようなサービスをしているところもあるのかもしれないが、便利だし、ありがたいなあと。

それと、いつも私が気にしているのは、医療連携。
医療行為が必要になったとき、状態によってはホームに戻れないこともあるが、メディカルホームも経営しているため、そちらへ転居することもできるそう。
メディカルホームのほうは、24時間、看護士がいるため、特殊な状態でなければ、医療対応もできるそうだ。

住み替えの費用も、グランダに払った金額よりも安い場合は、再度、入居金を支払う必要もないらしい。
高い場合でも(これはあまりないそう)、差額分だけ支払えばいいそうなので、安心ポイントとして挙げられると思う。

また、新設のホームなので、まだ経験はないそうだが、最期まで、つまり「看取り」についても、出来る限り対応していくとのこと。
セミナーなどでご紹介するのには、問題ないと感じつつ、見学会を終えたのである。

今回グランダシリーズを見学したことで、アリアやくらら、まどかなども見てみたいと思うようになった。
ベネッセのご担当の方!

ぜひ、私たち(高齢期のお金を考える会のメンバー)に、御社の施設見学をさせてください!
声が届くかはわかりませんが、よろしくお願いいたします。

|

« 昨晩のワールドビジネスサテライト | トップページ | お墓が無くなる? »

FPの仕事から」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨晩のワールドビジネスサテライト | トップページ | お墓が無くなる? »