« 2012年北区FPフォーラムに参加します! | トップページ | 東京都の消費生活講座 »

長男の高校受験に向けて・・・

今月はまだ、3回しかブログを更新しておらず・・・
ブログと銘打っているのが、申し訳ない感じである。

長男のことで、疲れすぎて、ブログを更新する気力がほとんど湧かなかった。

その理由として・・・

長男はもうすぐ、高校受験を迎える。
高校受験に向けて、そろそろラストスパートをかける時期なのだが、実は冬休みが明けてからしばらく、長男は学校に行けなかった。

不登校の理由を問いただすと、ボソッと、「S君に殴られていて、怖いから学校には行きたくない」という。
昨年、同級生に蹴られて、骨折しているので、学校に行けない理由が暴力であれば、自宅学習もやむなし、と思ったが、これは最終的に、長男のウソと判明。

S君は存在しないことが、担任の先生とのやりとりで判明したからである。

不登校をしているうちの2日間は、朝、出かけて行ったまま、夜になっても戻ってこないので、主人も私も仕事を放り出して、長男を探し回った。
夜8時を過ぎても見つからなかった日は、「10時を過ぎたら、警察に相談するしかないよね」という話まで出たほどである。

結局、2日とも、長男は何とか見つかったのであるが・・・

そして、ある日のこと。

S君にいじめられているわけでもなく、ウソをついてまで、学校に行きたくない理由もわからないので、頭に血が上った私は、「学校に行きたくない」という踏ん張る長男を引きずるようにして、2時間以上もかけて、学校まで連れて行った(普通に歩けば、10分ちょっとの距離)。
担任の先生との三者面談をした後、長男を学校に置き去りにして、私は仕事に出かけたのだが、長男はその日から、ケロッとした顔で学校に通っている・・・のだ。

結局、学校に行きたくなかった理由は、分からずじまい。
とはいえ、今の担任は女性なのだが、度量の大きさに、本当に感謝している。

親はキリキリしているが、先生は毎日、息子の状況説明にイライラすることなく、付き合ってくれた。
息子に対しても、「どれだけ、家族が君のことを愛しているか、理解しているよね」と諭してくれた。
息子の気持ちとしても、先生に対しての信頼感がより増したように思う。

一年生のときも、二年生のときも、担任には迷惑をかけたが、どの先生もきちんと対応してくれたので、不登校日数が50日に達しそうな息子でも、何とか受験までこぎつけることができた気がする。

それに・・・
併願推薦を取っているので、今回の不登校がもう少し前に怒ったら、推薦は取り消されるところだ。
あ~あ、あぶない、あぶない。

あと、10日ほどで、受験が始まるのだが、受験前の大切な時間のほとんどを、学校にも行かず、家で勉強するわけでもなく、長男は過ごしたことになる。

受験の日は、主人も私も仕事を休んで、すべての学校の送り迎えをする予定である。
過保護だという意見もあるだろうが、「道がわからなくなった」という理由で、受験を放棄しかねないからだ(この辺は性格ではなく、仕方がない部分がある。息子のために書けないが)。

長男の高校受験が終わったら、私は今回こそ、倒れてしまうのではないだろうか・・・
とにかく一日も早く、受験が終わることを願う母である。

|

« 2012年北区FPフォーラムに参加します! | トップページ | 東京都の消費生活講座 »

新・悪がき日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2012年北区FPフォーラムに参加します! | トップページ | 東京都の消費生活講座 »