« チェ ドンハssiのメモリアルライブ+懐かしい思い出 | トップページ | 長男の卒業式 »

突然の訃報

先週のことであるが、某新聞社にて、ネット連載の打ち合わせをおこなった。
私自身は、連載が13年目に入るが、今回は私以外のメンバーを入れ替えて、リニューアルスタートすることになった。

新しい執筆者を先方に紹介するために、全員で新聞社に足を運んだのである。

打ち合わせは無事にすみ、その帰り道、1階のエレベーターホールで、いつも広告記事でお世話になっているKさんに、バッタリお逢いした。
Kさんは急いでいるようだったので、「また、近いうちに打ち合わせでも・・・」といった感じで、一言二言交わしただけで、その場は別れた。

そのKさんが、日曜日に突然亡くなられたのだ。

まだ、42歳。
急性心不全とのことである。

最初、訃報のメールをもらっても、そのメールの意味がわからなかった。
何名かの方から、同じ趣旨のメールをもらったが、それでも信じられなかった。

「だって、つい3~4日前にお会いしたばかりなんですよ。そのときも、忙しそうでしたけど、特に変わった様子はなかったですから」と、メールをくださった方々に電話で伝えたが、電話を受けた方たちも、「何が何だか、わからない」と。

慌ててお花を手配したが、私のようにフリーランスで働いていると、お花にどう書いていいのか、悩んでしまった。
お通夜にはどうしても参列できなかったので、告別式に参列。

あまりに突然の出来事に、参列されていた社員の方は、みなさんボー然とされていた。
もちろん、私もである。

私のようにフリーランスで働いていると、「いろいろな性格」の方とお逢いするが、Kさんほど、敵のいない人、つまり誰からも好かれる人は、滅多にいないのではないかと、常々思っていた。
なんで、あんなに性格の良い人が、こんなに早く、逝かれたのか・・・
驚きと、無念さで、今週は頭の中がいっぱいである。

お子さんもまだ小さくて、Kさん自身の心残りも多いと思う。
ご冥福をお祈りできるほど、頭の整理ができていないが、とりあえず今は、Kさんにお世話になった数々の仕事に感謝をしたい。

Kさん、本当にありがとうございました。
でも、早すぎます。いくらなんでも。

|

« チェ ドンハssiのメモリアルライブ+懐かしい思い出 | トップページ | 長男の卒業式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チェ ドンハssiのメモリアルライブ+懐かしい思い出 | トップページ | 長男の卒業式 »