« 腰の痛みをブログで訴えたら・・・ | トップページ | チェ ドンハssiのメモリアルライブ+懐かしい思い出 »

お坊様のひきこもり支援

1週間くらい前のことになるが、築地本願寺の聞法ホールにて、ひきこもりのお子さんを抱えている親向けの講座をおこなった。

私が担当したのは、財団法人全国青少年教化協議会が主催して開催している「寺子屋ふぁみりあ」の中の、ひとつの講座。
今年度は、3月下旬におこなわれる次回の講座で、ひと区切りがつくらしい。

親向けの講座でお話しする機会は、最近増えつつあるので、講座の内容は別の機会にご紹介しようと思うが、今回、私が興味深かったのは、私の話の前に「読経」と「法話」があり、フリートークの後に「慈悲の瞑想」の時間が設けられていたこと。
テキストをお借りして、読経を一緒に読み上げさせていただいたり、慈悲の瞑想では、自分を取り囲む人たちはもちろん、世界各国の人々にまで思いを馳せる時間を持つことができた。

全国各地に親の会はあるが、築地本願寺でおこなっている講座は、すべて無料で参加できるらしい。

登録ができるのは、年度のはじめになる(らしい)ので、来年度の寺子屋ふぁみりあに参加したい方は、全国青少年教化協議会☎03-3541-6725まで、問い合わせてみてはいかがだろうか。

今年度のチラシをみたところ、定員は50名と書いてある。
今年度の講座は、水曜日を中心におこなわれたようなので、曜日もご参考に。

|

« 腰の痛みをブログで訴えたら・・・ | トップページ | チェ ドンハssiのメモリアルライブ+懐かしい思い出 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

お坊様のひきこもり支援のお話、ぜひ参加してみたいです。貴重な情報をありがとうございました。
ひとつ、先生にお尋ねしたい事があります。以前先生のブログの中で。FPのための文章講座開催のお話がありましたよね。大変興味があります。近日中に予定はありませんか?

投稿: Y.M | 2012年3月11日 (日) 18時42分

Y・M様
先日に引き続き、コメントを頂戴しましてありがとうございます。
築地本願寺でおこなわれている支援は、親の会のようなものなので、実際にひきこもっているお子さんやご兄弟がいらっしゃらない方は、参加が難しいかと思います。
かなりプライベートな話をするので、Y・Mさんが当事者として悩んでいらっしゃらない場合、つまり参加者から見て第三者に該当すると、参加できないかもしれません。
この辺りについては、直接確認していただいたほうがよろしいかと思いますが、私のブログの書き方が悪かったのかと思い、念のため、お知らせします。
それと、文章講座につきましては、しばらく開催する予定はありません。
といいますのも、当時、募集したらほとんど反応がなかったので、立ち消えに近い形になってしまったのです。
FPの集まりの中では、ときどき文章講座を開催しておりますので、誰でも参加できる講座があれば、お知らせするようにいたします。
・・・でも、あまり期待しないでくださいね。

投稿: 畠中 雅子 | 2012年3月12日 (月) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 腰の痛みをブログで訴えたら・・・ | トップページ | チェ ドンハssiのメモリアルライブ+懐かしい思い出 »