« 大和ネクスト銀行の「資金お取寄せサービス」 | トップページ | オールアバウトマネーのサイト、オープンしました! »

主人の医療保険加入

昨日、主人の医療保険について、保険会社から承諾のはがきが届いた。
主人が加入した医療保険は、楽天インシュアランスの「ピンポイント」である。

楽天インシュアランス「ピンポイント」

ピンポイントは、その名の通り、1泊2日以上の入院で10万円の一時金が出るのと、通算1000万円の先進医療保障だけが得られる医療保険。
先進医療の保障が欲しくて、他の医療保険への加入も検討していたが、二転三転した後、ピンポイントに加入することにした。

ブログで何度も触れているように、主人は大酒呑みなので、肝臓の病気が心配。
それに、男性の場合、前立腺がんの心配もある。

重粒子線や陽子線といった、がんの放射線治療は、肝臓がんや前立腺がんの治癒率が高いので、先進医療をつけたかったのだが、それ以外の保障は、他にも2つ、医療保険に入っていることもあって、必要性はない。
そういう意味でピンポイントは、先進医療保障だけ欲しいというニーズに合った保険だと思っている。

死亡保障の保険に医療特約は付いているが、先進医療の保障は付いていないために先進医療の保障を付けたいけれど、イチから見直さなければならない―それは、面倒くさいし、もったいないと考える方にも、向いている保険だと思う。

ちなみに、50歳の男性である主人の保険料は、終身払いで2570円。
1泊2日以上の入院をすれば、10万円の一時金をもらえることも考えれば、2570円の保険料は、老後のお守り代だと考えている。

現在入っている医療保険は、終身保障ではあるが、2つとも60歳で保険料の払い込みが終わるので、ひと月2570円の負担が残るだけなら、年金暮らしの中でもそれほど負担にはならないとも思っている。

先進医療保障が欲しいと思っている方―、検討してみてはいかがだろうか。

|

« 大和ネクスト銀行の「資金お取寄せサービス」 | トップページ | オールアバウトマネーのサイト、オープンしました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2度目の投稿となります。
私の加入している医療保険も昔のタイプで短期入院や先進医療には対応していません。
元々、短期の入院では、貰える金額に対して手間(診断書の発行手数料を含む)を考えて必要と思っていませんでしたが、
一時金として貰えるのであればいいですね。
先進医療も平均30万程度との記事を以前見かけたことがあるのですが、その記事に重粒子線だと300万ぐらい
と書いてありましたので、そのような治療を受けるのであれば、この保険は心強いですね。
ただ、終身払いなので自分の年齢だと平均寿命まで約100万近い保険料を払う事になりそうです。
十回分の一時金ですが、それほど入院することはないでしょうから、一時金を何段階かに少なくできるようにして
先進医療に特化してその分もっと保険料を安くしてくれたらと思います。
(もう充分保険料が安いから無理かな)

投稿: たかはる | 2012年5月15日 (火) 12時55分

たかはる様
こんにちは。2度目の投稿、ありがとうございます。
コメントのアップが遅くなって、ごめんなさい!
主人の場合、「大酒呑み」ということもあって、肝臓の病気を心配しています。
陽子線も重粒子線も、治療の現場を見学しているので、なんで300万円もの費用がかかるのかを理解していますし、治療の効果が出る部位のがんにかかったら、主人には先進医療の治療を受けてもらいたいと考えて、今回、ピンポイントを選びました。
それと、すでに降圧剤を服用していて、今回も、健康診断書を提出して、審査を経た上での加入でしたので、現時点では加入できてホッとしているところです。
他に入っている医療保険は、支払った保険料がほぼ戻ってくるタイプの貯蓄性の高い医療保険なので、将来、解約して老後資金にする可能性もあります。
そんなときでも、今回加入したピンポイントの保障が残るので、とりあえずは今の保険料にも納得しています。
もちろん、もっと保険料が安くなれば、嬉しいですけど、審査を受けないと入れないので、主人の場合は仕方ないかなあと、思っているところです。

投稿: 畠中 雅子 | 2012年5月17日 (木) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大和ネクスト銀行の「資金お取寄せサービス」 | トップページ | オールアバウトマネーのサイト、オープンしました! »