« 大津いじめ自殺裁判、支援金 | トップページ | 事故を起こすと、自動車保険料が「さらに」上がる! »

住民税が戻ってくる!!が・・・

2年前の夏、工務店のずさんな工事によって、床下に水が入り込み、湿った木材をシロアリが食べつくし、私の部屋の床が下がってしまった。
その工事のすったもんだは、以前のブログでもご紹介したとおり。

被害がシロアリによるものだったので、遅ればせながら、主人の平成23年度分の還付申告と一緒に、平成22年度分の雑損控除の申告をおこなった。
主人は住宅ローン控除の還付もあるので(私のほうがローン残高は多いのに、住民票のない物件のローンなので、私は住宅ローン控除が受けられない・・・)、所得税の還付だけでは、足りなかった。

そのため、住民税からも数万円の還付があるはず。
だけど、住民税って、どのように返ってくるんだろう?と思っていた。

以前、住民税還付の取材をした際、「年度内に還付できなかった住民税は、後から振り込みで返します」という回答を得たが、実際に住民税を振り込み方式で返してもらった経験がなかったので、「本当に戻ってくるのか!???」という疑問がぬぐえなかった。

その後・・・
住民税の年度がスタートする6月になっても、振り込みの連絡がなかったので、「もしかしたら、いや、やっぱり忘れられているんではないか??」と心配になっていたところ、キタ―――!!!

「住民税を還付します」というお知らせがようやく届いたのである。

書類を見てみると、せいぜい2~3万円だと思っていた還付金の金額が、なんと30万円弱になっている!!!
ええ――――???こんなに戻ってくるなら、もっと早く、還付の手続きをするんだった…と思い、いっぽうで、「主人には内緒にして、私のへそくりにしなくちゃ!」などと、ひとりでほくそ笑んでいた。

・・・・・・・・・が、私の人生は、喜んでいると、必ず落とし穴がある。

「わーい、わーい!30万円弱戻ってくるわい!」と喜んでいた数日後、投資用物件のお風呂(床暖房と共有の設備)が壊れたので、「修理をしてもいいですか?」と、管理会社から電話が入った。

修理代はいくらか聞いてみると、30万円とのこと!

結局、戻ってくるお金は、お風呂の修理代として、泡と消えることになっってしまった。

結局、
ぬかよろこびしただけになったが、住民税が振り込み方式で戻ってくるという体験ができただけでも、「良し」としよう。

住民税の還付金がなければ、修理代の30万円をへそくりからねん出しなければならないところだったわけだし、助かったというのが本当のところかもしれない。

|

« 大津いじめ自殺裁判、支援金 | トップページ | 事故を起こすと、自動車保険料が「さらに」上がる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大津いじめ自殺裁判、支援金 | トップページ | 事故を起こすと、自動車保険料が「さらに」上がる! »