« 亀やイグアナまで加入できるペット保険 | トップページ | 事務所のパソコンが壊れる »

10日付夕刊の読売新聞

10日付の読売新聞夕刊の「くらし本」というコーナーで、拙著「高齢化するひきこもりのサバイバルライフプラン」(近代セールス社)を紹介していただきました。

新聞には、私が実際に相談を受けている様子(写真)と、本の表紙写真が載っています。
ご覧くださった方は、いますでしょうか???。

アマゾンのレビューで、厳しいコメントを書かれており、「どうしたら、ひとつでも多くのご家庭に、ひきこもりのお子さんの生活設計の必要性を伝えられるんだろう。お金持ち向けに書いた本ではないのに・・・」と苦慮しておりましたが、新聞の影響で、売れ行きのランキングは若干上がりました。

Iさん、取り上げてくださって、ありがとうございました!

もし、拙著をお読みいただいた方がいらっしゃいましたら、ぜひ、レビューに(温かい!)コメントをお願いします。

でも、不思議なんですよね。
斎藤先生と書かせていただいた「ひきこもりのライフプラン」(岩波ブックレット)のほうは、私が執筆した部分は同じ内容なのに、「よくぞ!このような本を書いてくれた」というレビューが載っています(コメントしてくださった方、本当に感謝しています!)。

いっぽう、「高齢化するひきこもりのサバイバルライフプラン」は、お金持ち向けの本でしかないと酷評されているのです・・・・・(泣)。

ですが、大切なことは、ひきこもりのお子さんを持たれているご家庭に向けて、今できること、早めにやっておかなければいけないことを、伝える機会を増やすことだと考えています。

そういう意味で、次回は10月2日。
練馬区のわかものスタート支援事業で、ひきこもり講演会をさせていただきます。

「高齢化するひきこもりのサバイバルプラン~この子が一人遺されたら」

セミナー後に、個別相談会を設けてもらいました(過去記事でもご紹介しましたが)。
3組の方が限界ですが、それでも無料で、生活設計のご相談を体験していただければと思っています。

11月29日には所沢でも、ひきこもり家族向けのセミナーをおこないます。
こちらも、詳細が決まりましたら、ご紹介したいと思っています。

8月25日の栃木での講演会は、当初、申し込みが少なくて、「広い会場を取っていただいたのに申し訳ない」と思っていたところ、事前申し込みなしで、数十名の方がいらっしゃってくださり、結果的に100名を超える参加者となりました。

事前に申し込みをしたくない気持ち、理解できますね。
とはいえ今回は、練馬区の教育委員会が主催されるようなので、事前の申し込みをして、参加してくださいね。

|

« 亀やイグアナまで加入できるペット保険 | トップページ | 事務所のパソコンが壊れる »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

amazonのコメント見て来ましたが、どちらの御著書もお一人だけのコメントなのですね。
それなら、全く正反対のコメントがつくこともあるような。
同じものを見ても受け取り方なんて千差万別なので、あまり気にしてもしょうがないと思います。
コメントも酷評と言うほどのものでもないと思いましたよ。
そんな受け取り方もあるのね、くらいのお気持ちで良いのではないでしょうか。
放射線関係の本を書かれている中川恵一先生の著書の評価なんて、評価が両極端で面白いですよ。
http://amzn.to/S8JmXf
いろんな評価があると言うことは、それだけ重要なことが書かれているともいえると思います。
偉そうに書いてしまいましたが、畠中さんのアドバイスが必要な方たちもたくさんいらっしゃると思います。そういう人たちの元に御著書が届くといいなあと思います。

投稿: Roly | 2012年9月21日 (金) 17時22分

Roly様
こんばんは。
またまたコメントをいただきまして、ありがとうございます。
Rolyさんがおっしゃっているとおりで、酷評されたわけではないようにも思ったり、的確なコメントだとも思うのですが、ご相談者に60歳手前の方(お子さんの年齢です)が出てきている現状では、1日も早く、サバイバルプランを立ててくださる方が増えるといいなあと切に願っています。
とはいえ、私自身の力不足もあって、なかなか思いが伝わらず・・・「希望が見えない」のも、確かだなあと。
どうしたら、親御さんたちに行動してもらえるのか、日々悩んでいます。
ところで、中川先生には、仕事でお会いしたことがありますが、人柄がとても素敵な先生ですよ!

投稿: 畠中 雅子 | 2012年9月24日 (月) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 亀やイグアナまで加入できるペット保険 | トップページ | 事務所のパソコンが壊れる »