« 長男が見た夢 | トップページ | ゆうゆう10月号に、我が家の旅行体験記が掲載されています! »

ようやく夏休みが終わる、が・・・

子どもにとっては、名残惜しいかもしれないが、私にとっては、長い夏休みがようやく終わる。
お弁当作りが再開するのは、ちょっと面倒だが、それよりも子どもに振り回される時間が減るのが、何よりうれしい。

早く、学校が始まってくれー、という感じ。

そんな中で初日から、ミスを犯してしまった。

長男の学校は、土曜日も授業がある。
ということは、9月1日が夏休み明けの初めての登校日にあたる。

そんなことはぜんぜん頭にない、のんきな私。

8月31日は事務所に泊まったまま、家に帰らなかった。
金曜日の夜だし・・・ということで、夜中の12時ころ、接骨院でマッサージも受け、「ようやく月曜日から子どもたちが学校に行くので、せいせいするわ」などと、呑気なことを言っていた。

その翌日のお昼頃。

自宅にいる主人に、「子どもたちのお昼、どうした?」と電話したところ・・・

「あのさあ、今日から○○は学校があるってこと、忘れているんじゃないかい」と主人。

「えええええええっっっ――――――――????今日から?なんで?」と私。

「今日は9月1日の土曜日だよ。土曜日!今頃、なに、寝ぼけたことを言ってるんだよ」と主人。

はい、その通りです。寝ぼけてました。

可哀想に長男は、朝ごはんも作ってもらえないまま、夏休み明けの初登校となってしまった。

そういえば以前、隔週の土曜日がお休みだった頃のこと。

第5土曜日に登校したので、翌週は休みだと勝手に思い込んでいた、次の土曜日の朝。
家族でのんびり朝ごはんを食べていると、隣の家のおばさんが突然、我が家のドアを開けて「なんで、のんびり朝ごはんなんか、食べてんの!!登校班のみんなが、お宅の○○ちゃんを待ってるんだから、早く来て!」と言われたことがある。

第5週目の土曜日の次は、第1週目の土曜日だから、登校日にあたる。
土曜日は1週間おきに休みだと思い込んで、呑気に朝ごはんを食べていたことで、登校班のみんなをさんざん待たせた経験があったのだ。

記憶力が悪いだけでなく、勝手な思い込みも激しい私。。。

この先も、「うっかり土曜日」を幾度となく、繰り返していくような嫌な予感がしている。

|

« 長男が見た夢 | トップページ | ゆうゆう10月号に、我が家の旅行体験記が掲載されています! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長男が見た夢 | トップページ | ゆうゆう10月号に、我が家の旅行体験記が掲載されています! »