« ウルトラマン保険 | トップページ | 30年ぶりの再会 »

物欲がなくなった(たぶん、だが)

今までの自分のお金の使い方を振り返ると、反省点しかないと考えている。

身内に頼ることができない(母はずっとお店をやっていたため)子育ての中で、ストレス解消の主な方法は、「無駄遣い」をすることだったように思う。

無計画な買い物も、数知れず。

子どもが小さくて、教育資金がかかっていなかったとき(家計に余裕があったとき)は、今よりはるかに忙しかったし、自分の時間なんて、まったくなかったので、ストレス買いがピークだった。

たとえば出かけたついでに、目に付いたブランドショップに寄って、買い物の予定もないのに、50~100万円くらいの買い物をした経験も、数えきれない。
バックなどをいくつも買うものだから、「換金目当て」と勘違いされて、何度もカード会社に電話されて、なかなか承認が下りなかった経験もある。

分割払いにするのは怖いので、クレジットカードの代金が引き落とされるときは、定期預金を解約したりして、何とか払ってきた。

買うことが目的だから、買っただけで満足してしまい、一度も使っていないブランドものでも、平気で人にあげていた。
今から考えれば、なんてもったいないことをしていたんだろうと後悔もするし、それらを換金すれば、結構な金額になったとも思う。

愚か者としか言いようのないお金の使い方をしてきたが、最近、物欲がなくなった。

物欲がなくなるきっかけはそれなりにあるのだが、最近は何を見ても、「欲しい!」という欲求がなくなったのである。

今の気持ちを永久に保持できるかは、わからないが、物欲がなくなってみると、物を所有することに対してのモチベーションも下がってきた。

大切なものを、少量だけ持つ。
「断・捨・離」の考え方が、とても心に響くのだ。

欲しいものは、我慢せずに買ってきたので、物を増やすのは「もういいかなあ」という気持ちになっているのだとも思う。

「もういいかなあ」の心境にもう少し早くたどり着いていれば、もっと貯蓄ができたはずなのに・・・と反省はするが、後戻りはできないので、これは、まあ仕方ない。

これからは、仕事の状況もますます厳しくなって、無駄遣いができていた頃のような状況に戻ることはないと思うが、物欲がなくなってみると、それもいいかもしれない。

馬車馬のように働いて、ガンガン無駄遣いをして、無駄遣いをしたから、もっと働く・・・。

私の無駄遣いは、多少日本経済に貢献できたかもしれないが、これからは健康に気を付けて、必要な分だけ働き、自分のための時間を持ちたいと思うようになった。

同時に、子どもたちに対しても、お金の使い方に関して、きちんと教育していこうと考えている。
私みたいにならないためにも。

|

« ウルトラマン保険 | トップページ | 30年ぶりの再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、こんにちわ。物の所有は、自分に必要な物を持つ。ですね。今日、古紙回収、他。の日だったのでタンスに眠っていたスカート(いつ、はく?)やワンピース(いつ着る?)を持っていってもらいました。20年以上も前の物ばかりで、まぁよく置いてあったなぁです。なんかスッキリしました。これからもゆっくりと断・捨・離を実行していこうと思っています。先生も、お忙しいと思いますが、いろんなスッキリ?をしてくださいね。では、また。

投稿: 千景 | 2012年10月 8日 (月) 17時05分

千景様
いつもコメントありがとうございます。
〉20年以上も前の物ばかりで、
〉まぁよく置いてあったなぁです。
私も20年くらい前の洋服を「痩せたら、着る」と言い張って、大量に残しています。
主人に、「万が一、万が一(繰り返すなよ!)痩せたとしても、デザインが古すぎて着られないから、捨てろ」と突っ込まれています。
私も千景さんのように、スッキリという気分を味わいたいです。

投稿: 畠中 雅子 | 2012年10月 9日 (火) 03時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウルトラマン保険 | トップページ | 30年ぶりの再会 »