« JCBカードとVISAカード | トップページ | 築地本願寺で、今年もひきこもりセミナー »

10万円、もらい損ねる!?

いつもコメントをくださるRさんが、前回の記事に「VISAはトラブルに関して明文化されたルールがある」と書いてくださったので、「へえ~っ」と思い、いくつかの会社のカードの資料を読んでみた。

すると、あるカードで、思いがけない事実を発見。

それは、私が持っているカードの中に、「空き巣に入られた場合、お見舞金として5万円を支払います」という記述があったのだ。
しかも、カードの対象者が複数いる場合は、その人に対しても5万円が払われると書いてある。

同じカードを、実は長女も持っている。

「空き巣に入られ、現場検証中」

「空き巣被害、続報??」

上記は、空き巣に入られた時のブログ記事。
日付を見ると、昨年の2月となっている。

カードのお見舞金が支払われるのは、「被害に遭った日から60日以内」と書いてあった。

があ~ん。
私は、とっくに時効じゃん。

知らなければ、なんてことなかったのに、申請していないことに気付いた途端、「なんて、もったいないことをしたんだろう!!!」と、自分の無知さに腹が立った。

私の分の5万円と、長女の分の5万円。
カードの規定をきちんと読んで知っていれば、合計10万円をお見舞金としてもらえたことになる。

被害額が5万円よりも多い場合は…などの記述もなかったので、たぶんふたりとも、5万円ずつ、もらえたのではないかと思われる。
正確に言うと、5万円はカードの請求額から引いてくれるらしい。

わあ~ん、私のバカ、バカ、バカ!
カードの請求を5万円も減らせたのに====。

空き巣には、すでに2度入られているので、3度目はさすがに勘弁して欲しいが、お見舞金をもらえなかったことが、残念でならない。

とはいえ、前回の空き巣被害は、合計でも2万円に満たなかったので(我が家には、どんだけお金がないんだ)、お見舞金をもらっていたら、空き巣被害で「もうかった」ことになったかもしれず・・・

いずれにしても、安くはない年会費を継続して払っているのだから、もう少し、カードの規定をきちんと読もうと、猛反省しているところである。

|

« JCBカードとVISAカード | トップページ | 築地本願寺で、今年もひきこもりセミナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10万円、惜しいことをしましたね。規約読むの面倒くさいですよね。私も苦手です。
Visaの明文のルールは英語で書いてあるんですよ。研修で自分で調べて読んでくださいと言われたけど、読めるかぁー!
チャージバックリーズンと言って、消費者の権利ではなく、カード発行会社の判断になります。だから私達は「チャージバックできませんかぁ。チャージバックお願いします」と連呼しています。

投稿: R | 2013年1月11日 (金) 07時28分

R様
今頃の返信コメントで、失礼しております。
〉読めるかぁー!
その気持ち、私もよーく、理解できます。
でも、今回の失敗を糧にして、これからは面倒だからと避けないで、いろいろな規定を読もうと思ってます。
忘れっぽいので、そのうち、今の気持ちを忘れてしまうかもしれませんが(苦笑)。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月14日 (月) 04時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JCBカードとVISAカード | トップページ | 築地本願寺で、今年もひきこもりセミナー »