« ひきこもりご家族からのご相談を受けた「後のこと」 | トップページ | サンシティ横浜&グランクレール馬事公苑を見学 »

「明治安田生命の学資のほけん」は今年の3月までに入るのが、断然有利!

本日の午前中、明治安田生命の「明治安田の学資のほけん」の商品説明会に参加しました。
この保険、昨日発売されたばかりの新商品。

発売が延期されたことで、原稿をまるまる差し替えるという事件?もありましたが、これからは自由に書けるようになって、ホッと、ひと安心。

以前のブログでもご紹介していますが、貯蓄性はソニー生命やAFLACを抜いています。
つまり、現時点では日本一貯蓄性の高いこども保険といえます。

保険料の支払いは15歳で終えるプランがおすすめ。
高校生になってから、つまり教育資金負担が重くなってから、保険料を払わなくてよくなるわけです。

18歳から21歳までの4年間に分けて、同じ金額の保険金(教育資金)が受け取れる仕組みのこども保険で、我が家も毎年分割してもらえるこども保険に入っていますが、分割して毎年保険金をもらえるのは、とてもありがたいと思っています。

なぜ、3月までに入るのが有利なのか。
4月の予定利率(標準利率)の引き下げに合わせて、保険料の改定を予定しているから(だそう)です。

・・・ということは、4月以降は、こども保険の貯蓄性ランキングが変わってしまう可能性があるわけです。

もし、3月までに入りたいと思っていて、明治安田生命の営業職員を知らない方は、私の担当者をご紹介することもできます。
私は明治安田生命の終身保険に入っているので、私の担当をしてくださっている女性の営業職員の方なら、安心してご紹介できるように思っています。

私の連絡先を貼り付けます。
「紹介してほしい!」という方は、お気軽にご連絡ください。

VZA00315@nifty.ne.jp

ところで・・・

私は今まで、ファイナンシャルプランナーとして20年以上仕事をしてきていますが、一度も紹介料などの手数料をいただいたことがありません。
(原稿料とセミナー料で食べているので、紹介料はいただかないという信念?を貫いています。紹介料をいただくようになると、そちらに仕事をシフトしたくなってしまうように思うので。この辺り、信念が強いようで、弱い気もしますが)

それでも。。。
紹介手数料などが発生することもなかったとはいえず、そのようなケースでは、ご本人にお金を返金したり、別の形でお礼をすることで対応してきました。

もし、私の担当者をご紹介することで、何らかの手数料が発生することになれば(この辺りは、仕組みをよく知らないのですが)、今まで同様、ご本人にお返ししようと思いますので、紹介料のために営業職員をご紹介するのではないことを、ご理解いただければ幸いです。

本来なら、こども保険には秋に入ってほしいのですが、18歳、19歳、20歳の3年間は、加入した月にかかわらず、該当する年の「10月1日」に保険金(教育資金)が受け取れます。
最後、21歳の年だけ、加入した時期に受け取ることにはなりますが、それよりも貯蓄性が下がるほうが、ダメージが大きいと思います。

貯蓄性が下がる前、つまり今年の3月までに入るのが、お得だと思います!

|

« ひきこもりご家族からのご相談を受けた「後のこと」 | トップページ | サンシティ横浜&グランクレール馬事公苑を見学 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

高3の子どもが、10月に推薦入試で地元私立大学に合格しました。
1校の受験料で済みましたが、12月に入学金、1月初めに前期授業料を納入しました。
公立高校の授業料無償化のおかげで、今まで安かったのですが、大学は国公立でも高額ですね。
子どもが小さいうちから、こつこつと学資保険で準備するのが一番だと思います。
我が家は、教育資金の不足分は、奨学金を利用します。子どもには高3の春に、学校で手続きをさせました。借金してまで大学へ行きたいか、就職をしたらどうか、問いました。
大学へ行きたいというので、奨学金を利用する(借金する)ことになります。
とても不安です。4年で卒業すること、就職できるのか、夫の収入・仕事、住宅ローンが残っていること・・・
18年前、この子を出産した年は、サリン事件や阪神淡路大震災などが起きて不安でしたが、経済的にこんなに苦しくなるとは想像できませんでした。
結婚前はバブル経済に乗っかっていましたが、今はデフレ経済に乗っかって、収入が激減です。

投稿: YELL | 2013年1月29日 (火) 23時09分

毎年受け取れるというのは、いいですね。
そうなんです。後期授業料の捻出に苦労するんですね。だから「10月1日」は魅力的ですね。私は貯蓄性より流動性を重視するけれど。
高校に行ったら費用がかかるから、その前に支払いを終えてしまうのも賛成ですね。でもうちは上二人は授業料があって、第3子には無償化になったけど、その分を積み立てておいたので、卒業したら解約して、自動車免許の取得費用に当てます。無償化ありがとう。

投稿: R | 2013年1月31日 (木) 12時13分

YELL様
コメントをありがとうございます。
コメントアップが遅くなって、申し訳ありません。
〉高3の子どもが、10月に推薦入試で地元私立大学に合格しました。
おめでとうございます!
推薦入試で決まると、親は安心ですよね。
うらやましい限りです。
〉子どもには高3の春に、学校で手続きをさせました。
〉借金してまで大学へ行きたいか、就職をしたらどうか、問いました。
YELLさんのように、「借金してまで大学に行きたいのか」をお子さんに問うのは大切なことだと思います。
借金という意識のないご家庭も少なくないのですが、親子での話し合いがないご家庭のほうが、滞納しているケースが多いと感じるからです。
〉結婚前はバブル経済に乗っかっていましたが、
〉今はデフレ経済に乗っかって、収入が激減です。
同感すぎる気が・・・
私も気を引き締めたいと思います。
また、気が向いたら、コメントくださいね。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月31日 (木) 13時49分

R様
〉毎年受け取れるというのは、いいですね。
私もそう思います。
一度にもらってしまうと、別の用途に使ってしまうケースが多いですからね。
〉高校に行ったら費用がかかるから、
〉その前に支払いを終えてしまうのも賛成ですね。
オウムみたいですが、私も大賛成なんです。
しばらくこの保険が認知されるように、いろいろな媒体でご紹介していこうと思っています。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年2月 1日 (金) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ひきこもりご家族からのご相談を受けた「後のこと」 | トップページ | サンシティ横浜&グランクレール馬事公苑を見学 »