« お正月は香港へ | トップページ | 10万円、もらい損ねる!? »

JCBカードとVISAカード

私はふだん、ANA-JCBカードをメインカードとして使っている。

普段の無駄遣いの成果?で、マイレージもそれなりに溜まり、家族全員で何度も、海外特典航空券を利用させてもらっている。

だが、昨年のベトナム、マカオ、そして今回の香港旅行では、VISAカードで支払う機会が多かった。
その理由としては、クレジットカードを利用した時点で、円に換算した支払額が表記されるからである。

マカオでは、日本円は表記されるだけで、実際の支払いはマカオのパタカか香港ドルになったが、今回の香港では、香港ドルと日本円での支払いを選択できた。

円安に動いていたので、今回は円での支払いを選択するケースが多かったが、念のため、日本に帰ってきてから、VISAカードとJCBカードの換算レートを比較してみた。

すると、換算レートはJCBカードのほうが若干(本当に、わずかではあるが)有利という結果になった。

う~ん・・・
支払い時に円で表記される安心感は、VISAカードに軍配が上がるが、支払額ではJCBカードのほうが少なくなるわけで・・・

3月にはシンガポールに行く予定だが、どちらのカードで支払ったほうがよいのか、ますますわからなくなってきた。

|

« お正月は香港へ | トップページ | 10万円、もらい損ねる!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は海外に行ったことがないのですが、visaカードは本当の国際ブランド(アメリカの会社)、JCBカードは日本のカードと習った(だからJCBだけ単独のカードがある)と習ったので、何か円は特別なのかもしれませんね。
それしか知らないので、お役に立てませんが。

投稿: R | 2013年1月 9日 (水) 06時33分

補足ですが、VisaとJCBでは海外トラブルの解決力が違います。visaは明文のルールがありますが、JCBにはありません。そのあたりも考えてお使いになられれば…。

投稿: R | 2013年1月 9日 (水) 07時01分

R様
まとめて返信しますね。
〉visaカードは本当の国際ブランド(アメリカの会社)、
〉JCBカードは日本のカードと習った(だからJCBだけ単独のカードがある)と習ったので、
その通りだと思います。
そのため、海外に行くと、JCBカードでは払えないことがちょくちょくあります。
今回も香港ディズニーランドはVISAカードがオフィシャルカードになっており、たぶん(確認していないので)JCBカードは使えなかったと思います。←情報が間違っていれば、誰かご指摘ください。
東京ディズニーランドは、JCBカードがオフィシャルカードですよね!?

〉補足ですが、VisaとJCBでは海外トラブルの解決力が違います。
〉visaは明文のルールがありますが、JCBにはありません。
そうなんですか。
それは知りませんでした。
海外でのトラブルは、個人旅行ですからそれなりにありますが、カード会社に頼った経験はないので、なるほど!という感じです。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月 9日 (水) 18時20分

私のメインカードはセゾンカードなんですけど、某デパートのカードです。そのデパート系列のミニスーパーが近所にあって、食費の支払いはカード払いにしています。生鮮食品ばかりだから、使いすぎにはならないです。これはポイントがたまったらデパートのお買い物券が出るんです。昨年は4千円になりました。レジで小銭が出ることもなくて、楽になりました。
下着やストッキングや化粧品はダイエーのOMCカードを使います。5%割引があって、便利な場所にあるので。
通販用にJCBLINDAカードを使います。これは私の給料日に引き落とされるので、気分的に気がねなく使えるんですね。
カード払いができるようになったのは、インターネットバンキングで残高照会と振替が楽にできるようになったからです。技術の進歩はありがたいですね。

投稿: R | 2013年1月11日 (金) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お正月は香港へ | トップページ | 10万円、もらい損ねる!? »