« 今日は横須賀で、ひきこもりセミナーです! | トップページ | ある保険セミナーで起こった流血事件 »

老後資金はいくら貯めるのが正解か?

ファイナンシャルプランナーという仕事をしていると、聞かれる機会が多いのは、「老後資金の必要額」。

巷では、3000万円とか5000万円くらい持っていないと、安心して老後を過ごせないなどと言われているが、最低でも3000万円ないと、老後を生き延びられないかというと、個人的にはそんなことはないと思っている。

実際、金融広報中央委員会の調査を見ても、60代の貯蓄平均額は1677万円。
「みんな3000万円くらいは持っている」というのは、イメージに過ぎないことが、お分かりいただけるかと思う。

それよりも、個人的に疑問に思っていることは、「頑張っても3000万円に届かないと思われる方が、なんとしてでも3000万円に届かせよう」と、現在の生活を犠牲にするくらいの節約に励んでいることである。

もちろん年を取れば、いつかは働けなくなるわけだから、1円でも多く、貯蓄したいというのは理解できる。
だが、老後だけ安心できれば、現役時代の人生を楽しまなくてもいいのか?と思うことがたびたびあるのだ。

私のように節約ができない人間が、エラそうにいうことでもないが、私は若い時から無理を重ねてきているので、病気などがコワい(病気になったら、それまでのおこないによるものだから、それはそれで仕方がないと割り切るように思うが)。

「リタイアしたら、○○に行こう!」などと考えて、貯蓄に励んだとしても、そのときに健康で、自由に動ける状態でいられるかはわからない。
自分の身体のほうが心配なので、やりたいと思ったことは、できるだけ前倒しでやっておきたいのである。

お金が貯まって、その時健康でいられれば、大いにラッキー!
健康に問題が生じていても、やりたいことを、やりたいと思った時にやっていれば、後悔も少ないし、それなりに思い出もできていると思うのだ。

これは、老後資金を貯めなくてもいいといっているわけではない。
その人のライフスタイルや収入に見合った貯蓄をすることが重要で、今の生活から潤いを奪ってしまうほど無理な貯蓄目標を掲げ、節約しすぎる必要はないと思っているだけである。

記事などを書く際は、老後資金などは金額の目安を掲げることもあるが、実際には自分の収入から適切な割合の貯蓄をしていき、その結果、貯められそうな金額を目標額に設定したほうが、現実的ではないかと、感じる機会が多いのである。

増税スケジュールが巷を賑わしている中、お金を使う話など、聞いても仕方がないといわれてしまうかもしれないが、年を取れば取るほど、楽しいことにお金を使いにくくなる。
子どもに本格的に教育費がかかるようになると、教育費優先の家計になって、レジャー費などは捻出しづらくなる。

お子さんが大学生のときは年間収支が赤字になるご家庭も少なくないので、楽しいことにお金を使うのは難しいかもしれないが、それ以外の時期は、

「適度に貯めて、適度に使う」ことを考えてもいいのではないだろうか。

多くの方が、節約疲れをしている今、各家庭の収入に見合った「適度な貯蓄額」を見極めるお手伝いができたら・・・と思っているところでもある。

|

« 今日は横須賀で、ひきこもりセミナーです! | トップページ | ある保険セミナーで起こった流血事件 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

老後資金に膨大な資金がかかると思うのは、施設入所とか、住み替えにかかる費用が読めないこと。でも団塊の世代というボリュームゾーンが施設を埋め尽くしてしまうので、私や畠中さんの世代は自宅で老後を迎えるしかないんです。そのために必要なのは、子どもに一緒に住んでもいいなと思われる風通しの良い関係を作っておくこと。
私の夫は抜け目ないので、親に路線価の高い実家を売らせて、隣に完全バリアフリーの平屋を建てさせました。私が介護するのに理想的な間取りと設備になっているから、私だけじゃなく、夫もヘルパーさんも楽に介護できるようになっています。現実に介護になったら、ヘルパーさんに出来るだけ短時間にいろんなことをしていただくつもり。
夫は本当に抜け目ないので、舅の相続の時に、夫と姑の共有名義にして、固定資産税も払っているので、確実にこの家は手にいれます。姑は路線価の高い土地にほかに不動産を持っているので、相続は揉めない予定。
わざわざ別の家を建てなくても、ちょっとした間取りの工夫で介護はできますよ。我が家はリビンクの続きの和室が、トイレや洗面所、風呂場の目の前なので、もし私の母を介護してほしいと言われても何とかなりますね。介護を考えた間取りじゃなく、子どもが赤ん坊だったので、そういう間取りで手すりがあったら、すごく便利だったんですけどね。
忙しくてレジャーに子どもを連れていくゆとりのない方へ。夫は毎週日曜に夕食後に、近所の和室つき家族風呂を1時間半借りて、私と子ども達がプール感覚で大騒ぎしている間に、和室に寝っ転がって、大河ドラマ見てましたね。
レジャーに行けない言い訳はしない。できることは何か考えるんです。

投稿: R | 2013年1月16日 (水) 12時20分

私は63歳ですが、本当におっしゃる通りと思います。お金は有った方がいいのは事実。でも、豪華版
とはいきませんが、私は旅行をするのが楽しみです。
その思い出話を夫、友人とするのが又楽しみです。

動けなくなっても記憶喪失にならなければその思い出は本当にかけがえの無い宝。「お金が貯まったら」
なんて言って旅行もせずにいて悔いる事になるより
小さな楽しみでも実行した方がいいと思います。

投稿: ミチコ | 2013年1月17日 (木) 15時54分

R様
コメントのアップが遅くなってすみません。
〉老後資金に膨大な資金がかかると思うのは、
〉施設入所とか、住み替えにかかる費用が読めないこと。
〉でも団塊の世代というボリュームゾーンが
〉施設を埋め尽くしてしまうので、
〉私や畠中さんの世代は自宅で老後を
〉迎えるしかないんです。
私は子どもたちに介護をしてもらうことを望んでいないので、どちらか一人になった時、高齢者施設に住み替えられるように、夫婦で終身保険を掛け合っています。
私のほうが保険金額が多いので、主人のほうが高いところに住み替えられます。。。
住み替え費用は確かに見積もりにくいですが、100~200か所くらい(幅が大きいのは、見学した数をカウントしていないからです)見学していると、住み替えたいなあと思う施設はいくつも見つかりますよ。
団塊の世代の後は、高齢者施設をめぐる状況も、少し変わるとは思いますが。。。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月18日 (金) 03時15分

ミチコ様
はじめまして。
コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
〉その思い出話を夫、友人とするのが又楽しみです。
〉動けなくなっても記憶喪失にならなければ
〉その思い出は本当にかけがえの無い宝。
私が伝えたかったことを、ダイレクトに受け止めてくださって、ありがとうございます!
言いたいことが伝わったのだと感じられて、とてもうれしいです。
私も思い出は、かけがえのない宝だと思っています。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月18日 (金) 03時17分

>団塊の世代の後は、高齢者施設をめぐる状況も、少し変わるとは思いますが。。。

おっしゃるとおりだと思います
今からそんなこと心配したって仕方ないですね
それより この世代がおわった後は その反動で かなり空きが出ると思うんですね
介護施設もそうだけど 既得権益を持っている層が入れ替わって(というか消えて)社会保障 医療費の問題とか
若手の意見が採用されて風通しがよくなると思うんです
なので 心配はしてませんね

投稿: yuki | 2013年1月19日 (土) 23時33分

yuki様
久しぶりにコメントをいただいたような気が・・・
コメントアップが遅くなって、恐縮です。
〉介護施設もそうだけど 既得権益を持っている層が
〉入れ替わって(というか消えて)社会保障 
〉医療費の問題とか若手の意見が採用されて
〉風通しがよくなると思うんです
う~ん、なるほど、というか、本当にそうなるといいなあと私も思います。
団塊の世代の「後」、世の中の仕組みがどのように変わるのか。
これは、身をもって体験してくことになりますね。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月21日 (月) 03時41分

お久しぶりです。いつも楽しみに拝見しています。
いろいろと考えるところあって、昨年末に家族4人でヨーロッパ旅行しました。

年子の子ども二人が大学生になり、家計は、今年初めて赤字になりました。
娘は、そうでもありませんが、息子はまったく家族と過ごすことがなくなり、話もしなくなりました。
なんだか母親の私としては、心と財布ダブルにさみしい。
家族みんなが健康であることに感謝し、赤字ついでに、私の虎の子貯金を奮発し、夫と息子とが賛成してくれたので、全員揃う最後かもしれないこのタイミングで出かけました。
娘とはこれからもあるでしょうが、、息子との旅行はもうないでしょう…

おかげさまで、頼みのお金がなくなったので、また健康に留意して、しっかり働こうと意欲がわいてきました。

投稿: ともこ | 2013年1月21日 (月) 23時03分

ともこ様
本当にお久しぶりです。
お元気でしょうか?
お子さんは大学生になられたんですね。
下に中学生がいる身としては、子育てのゴールが見える状態がうらやましいです。
〉昨年末に家族4人でヨーロッパ旅行しました。
お子さんが大学生になられていると、見どころを一緒に楽しめますよね。
楽しい思い出がたくさんできたのではないでしょうか。
また機会がありましたら、セミナーなどにお越しください。
久しぶりにお目にかかれるのを、楽しみにしております。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月22日 (火) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は横須賀で、ひきこもりセミナーです! | トップページ | ある保険セミナーで起こった流血事件 »