« 良いお年をお迎えください | トップページ | お正月は香港へ »

あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もお暇な時がありましたら、当ブログに遊びにいらしてください。

さて・・・
昨晩は、12時前後に、2つの神社で初詣。

先日のテレビで、「願い事を言うときには、まず住所と名前を述べるべし」と言っていたので、さっそく実行してみた。

願い事。叶うかなあ。

その後、朝6時まで、韓国ドラマを見てから就寝。
静かな中で、ボリュームを下げてみていたのだが、朝5時頃、いきなり階段を駆け下りてくる音が聞こえてきた。

長男だったが、慌てて外に出て行ったかと思ったら、30秒くらいでまた部屋に駆け上がっていった。

「とうとう、夢遊病にでもかかったか?」と思ったら、(この寒い中)窓を開けて、携帯を窓のふちに置いていたら、誤って下に落としてしまったとのこと。
お正月早々、驚かすなよ、という感じ。

ふだんはスマホを使っているが、落としたのは音楽を聴くために使っている昔の携帯らしい。
「スマホを落としたら、ママに殺されるところだった」と言っていた。

遅くまでテレビを観ていたので、今朝はゆっくり寝ていようと思ったら、おじいちゃんたちからのお年玉が欲しい息子たちのリクエストで、数時間後に起こされる。

おじいちゃんとおばあちゃん(主人の両親)はなんと、長女に3万円、長男に3万円、次男に2万円のお年玉をくれた。

「こいつらに、こんなにやる必要ないです」と思ったが、無邪気に喜んでいたので、見逃しておこう。

その後・・・
私の場合は年賀状が事務所に届くので、元旦から事務所に。
出したつもりで、漏れていた方などもあったので、この後、年賀状書きをしようと思う。

皆様も届いた年賀状を見て、懐かしかったり、(近況を読んで)意外な展開だったりがあったのではないだろうか。

|

« 良いお年をお迎えください | トップページ | お正月は香港へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
初詣、お年玉、年賀状、きちんとした日本のお正月ですね。
うちも12時頃、菩提寺に除夜の鐘をつきに行き、護摩の火に当たって帰ります。私はジャニーズのカウントダウンライブを見ています。車はそれぞれ4人乗りなんです。
お年玉は姑から1万5千円ずつでした。
第1子は、卒論で実家に帰っていない友達がいるとかで、お餅とあずき缶を持って大学に行きました。今日はバイトです。
第2子は公務員志望で、大晦日でバイトを辞め、元日は初売りに行きましたが、今日から勉強です。お小遣いをあげなくてはいけなくなったのがツラいです。
第3子は推薦で合格をいただいているのですが、一般入試のお友達と約束して、元日は高校で勉強しました。今日と明日は模試です。
地方の公立高校は面倒見が良くて、コスパは抜群です。地元の中学からは毎年誰か東大か京大を受け、東大ママや京大ママが普通にスーパーでパートしています。
ある日の地方大ママ2人と東大ママの会話。地方大ママ「うちは奨学金の申請したら、第1種か空いてるって言われたのよ」「うちも~」東大ママ「えっ第1種が空いてるなんて!」

投稿: R | 2013年1月 2日 (水) 08時55分

R様
明けましておめでとうございます。
いつもコメントをありがとうございます。
〉第3子は推薦で合格をいただいているのですが、
〉一般入試のお友達と約束して、
〉元日は高校で勉強しました。
推薦が決まっていてもなお、勉強するなんて・・・・
我が家の愚息に「爪の垢」を煎じて飲ませたいです。
〉地方の公立高校は面倒見が良くて、
〉コスパは抜群です。
〉地元の中学からは毎年誰か東大か京大を受け、
〉東大ママや京大ママが普通にスーパーで
〉パートしています。
我が家の場合、子どものことで、コスパがいいと感じた経験は一度もないですし、この先もないと思います。
このような話は聞いているだけで、うらやましい限りです。
〉ある日の地方大ママ2人と東大ママの会話。
〉地方大ママ「うちは奨学金の申請したら、
〉第1種か空いてるって言われたのよ」
〉「うちも~」東大ママ「えっ第1種が空いてるなんて!」
そうなんですか。
でも、第一種は収入基準以下でも、競争が厳しくて、申し込めないケースも多いのが、現実です。
もちろん大学によっては、あるいはお子さんの成績次第では、「申し込めますよ」と言われるケースもあると思いますが、「第一種は厳しい」ということすら知らない方もいらっしゃるので、ここではあえて、厳しい現実を書かせていただきますね。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年1月 7日 (月) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良いお年をお迎えください | トップページ | お正月は香港へ »