« なぜ、若いカップルは・・・ | トップページ | お金のことで疲れている方へ② »

お金のことで疲れている方へ①

有料相談をはじめてからの数年間で感じる機会が増えているのは、もう十分なはずなのに、「もっと節約しなければ」とか、「まだまだ貯蓄が足りない」と感じている方があまりに多いこと。

節約できない私から見ると、「なんで、そんなにお金を貯めようとするんだろう」と疑問に思うことすらあります。

もちろん、貯蓄されるのはいいことだと思っています。
でも、貯蓄する目的は、やりたいことを実現させるためではないかと、私は思うのです。

実際・・・
貯蓄に励む方に「やりたいことはありますか?」と聞いても、「特にありません」と答えられることもしばしば。

節約生活に慣れ親しむあまりに「やりたいことがなくなった」という方にお会いすることも珍しくありません。
節約生活に励んでいると、お金を使いにくくなるので、気持ちも内向きになってしまうのでしょうか。

「不安だからお金を持っていたいんです」と言われると、精神的に疲れているようにも感じてしまうのです。
この受け取り方は、間違っていますでしょうか。

そのような方に、「貯蓄が増えてきた今は、将来に対する不安感は軽減しましたか?」と聞くと、「いえ、もっと貯めないと消えないと思います」などと言われます。

これでは、ゴールのないマラソンを、ひたすら走り続けているようなもの。

以前のブログでも書きましたが、やりたいことは老後まで取っておかずに、小出しにやるべきだと私は考えています(異論があるかもしれませんが)。
老後になった時に、やりたいことが自由にできるだけの健康状態にあるとは限りませんし、若いときにやりたいと思っていた気持ちが萎えているかもしれません。

もちろんキリギリスのように、若いときに楽しみすぎて、老後にお金に窮するのも問題ですが(最近の若い人の間では、キリギリスは若いときにも十分に楽しみ、その才能を活かして自分の書いた曲が次々にヒットし、老後は悠々自適な印税生活をおくるという話になっているとも聞きますが)。

いっぽうで・・・

「やりくりできないんです」

「貯蓄がなかなか増えないんです」

という悩みを打ち明けられる方って、「この人は、友達に好かれるだろうなあ」と思ったり、「この人とだったら、友達になりたいなあ」と思える方が多くなっています。

お金の面では多少問題があったとしても、人間的に魅力的で、友達もいっぱいいるとしたら、それはそれで、十分に充実した人生といえるのではないでしょうか。

お金のことで疲れている方がいれば、愚痴を聞いてあげられるような相談を始められないかなあと、時々考えます。
金銭問題で疲れているならば、疲れるだけの事情(正規雇用になりたいのになれない、だんなが働いてくれないなど)があるわけで、そのような愚痴をゆっくりと話せるようなシステム(相談料金を安くするなど)について、検討しているところです。

|

« なぜ、若いカップルは・・・ | トップページ | お金のことで疲れている方へ② »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

初めまして。いつも読ませていただいています。最近はテレビで拝見することも多く、すごい方なのだと思ってみております。
今日の内容は、とっても励まされるものでした。私は本当に貯蓄ができず、子供が大学2年、高校3年になり、湯水のように教育費がでてゆき、自分の経済観念のなさに落ち込んでおりました。それでも、自分の洋服を我慢しても人のためには使えるし、心と体のためにヨガにもいっております。そんな自分を責めておりましたが、少し良い方へと考えてもよいのかなと思えました。
フィナンシャルプランナーの方なのに、このようなお話をされることに驚きますが、素敵だなと思います。次のお話も楽しみにしております。

投稿: シャンティ | 2013年4月24日 (水) 23時20分

シャンティ様
はじめまして。
コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
〉今日の内容は、とっても励まされるものでした。
このように言っていただけると、書いた趣旨をご理解いただけたのだと、ありがたく感じます。
〉そんな自分を責めておりましたが、
〉少し良い方へと考えてもよいのかなと思えました。
私なんかいつも、自分を責め続けてますよ(苦笑)。
一応、ファイナンシャルプランナーとして、生計を立てているのに、やりくりもできないのですから。
なので、シャンティさんも「人のためにお金を使える」素敵な習慣を、自信を持って続けていただければと思います。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年4月25日 (木) 02時18分

はじめまして??
以前にコメントしていたらすみません。
いつも勉強させていただいています。

今日のお話もいいですね・・・。
しみじみ感じ入りました。

私は、お金はないけれど
人とのご縁に恵まれて生きている人間だと思いました。

年明けに離婚して、二人の幼児を抱えて
パートタイマーでなんとか生活しています。
生活は苦しいけれど、気にかけてくださる方が
たくさんいて、お金では得られないあたたかさを
毎日感じて生きております。

子供にだけは、不自由な思いはさせたくないので
畠中さんの著書を、いつもトイレで熟読し(ごめんなさい。子供から解放される場所が、そこしかなくて)
お金の大切さを、全身に叩き込んでいます。

FPとしても、母親としても
とてもとても興味深い畠中さん。
これからも、よいお話楽しみにしております。

投稿: とらこ | 2013年4月25日 (木) 10時23分

とらこさん
はじめまして!ですね。
コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
とらこさんはシングルママなんですね。
お金の面では大変でも、かけがえのないお子さんたちがいらっしゃいますから、無理しすぎずに、がんばってください。
子どもはなんとか?育つもんです。
〉私は、お金はないけれど
〉 人とのご縁に恵まれて生きている人間だと思いました。
お金はあっても、人との縁のない人もいますから(そういう方、たくさん知ってますよ)、とらこさんの人生は心豊かなものだと、私は思います!
お金のことで困ったことがあれば、いつでもコメントください。
コメント欄にはアップせずに、直接お返事しますので。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年4月25日 (木) 13時36分

こんにちは
『お金のこと愚痴を聞いてあげられるような、そんな相談窓口があったら』本当にそう思います!!!私は消費生活センターで相談員をしているのです。日々お金に関する相談が持ち込まれる中、生活設計に関して、いわゆるお金について総合的にお話を聞いてあげられるようなそんな窓口があったいいのに。とずっと思っていました。
若い方には、貯金の意味や、その人の価値観にあったお金の使い方の助言やアドバイスをし、また高齢者であれば、貯金が増えないので、ついハイリスク詐欺的な投資に手を出して大きな損失を受けてしまうこともあるので、投資についての基本的なお話など(簡単に、うまい話はこの世にはない!!ということなど)そんな,相談窓口がぜひ!!あったらいいですね。
畠中先生、ぜひそんな窓口を作ってください。お手伝いできることは、ぜひ!!参加させてください。

投稿: カーミット | 2013年5月 7日 (火) 10時10分

畠中先生あたたかいお返事ありがとうございます!

シングルママなので、確かにお金はシビアですが
微々たる養育費を受け取っているため
(もらえるだけありがたいですね。反省)
離婚の時に、強制的に解約をさせられた学資保険を
再度、二人分申し込んできたところです。

先生おすすめの、農協こども共済にしました。
がんばって、年払いをして、子供の未来に備えたいと思います。

早速ですが、自分自身も養老保険に入っていましたら
やはり、離婚する際に、夫婦共有の財産だと主張され
解約してしまいました。

現在は、自分も子供の医療保険はなにも入っていません。
養老保険を払っていくには、収入がきびしいからです。

掛け捨ての共済保険を検討していますが、
終身保険のほうが、余分に払っても選ぶべきなんでしょうか。
それとも、養老保険のようなものを、再度選ぶべきでしょうか・・・。

またコメントいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: とらこ | 2013年5月 8日 (水) 15時51分

とらこ様
こんにちは。
コメント返信が遅くて、すみません。
保険料負担を抑えたいのなら、下記のまごころ少額短期保険の医療保険はいかがでしょうか。
http://www.magocoro-ins.com/
驚くほど、保険料が安いですよ。
ぜひ、HPを覗いてみてください。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年5月 9日 (木) 18時12分

カーミット様
コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
〉生活設計に関して、いわゆるお金について総合的に
〉お話を聞いてあげられるようなそんな窓口があったいいのに。
〉とずっと思っていました。
共感していただけて、うれしく思います。
ただ、継続した活動でないと意味がないと思うので、軽はずみには始められないとも考えています。
どんな形なら継続できるかなあと、無い知恵をいろいろとしぼってみます。
具体的になるのは、かなり先のことになるような気がしますが。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年5月 9日 (木) 18時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜ、若いカップルは・・・ | トップページ | お金のことで疲れている方へ② »