« 自転車置き場から出て来たのは、誰? | トップページ | 財形持家融資なら、住宅ローン金利の上昇対策にも役立つ »

主人の父が緊急搬送に

前回、息子の呑気な話をアップしたが、実は現在、主人の父の具合が悪く、仕事があまりできない状態になっている。

20日に緊急搬送されて、病院到着後はしばらくこん睡状態に陥り、病院側から「親戚の方を呼んでください」とまで言われてしまった。
89歳という年齢もあるので、「とうとうダメなのかも・・・」とまで、一時は覚悟するほど、状態は悪かった。

昨晩は私が病院に泊まったが、ありがたいことにこん睡状態からは回復して、若干ではあるが、会話が成り立つようになってきた。
とはいえ、まだ予断を許さない状況が続いているのだが。。。

年齢を考えると、いつ急変するのかがわからず、しばらくは義父の様子を見ながら、仕事先にも協力してもらって、仕事を進めていくことになりそう。
自宅にはあまり帰れず、事務所と病院の往復になるかと思われるが、締め切りなどを遅らせてくださっている仕事先もあり、心から感謝!しています。

|

« 自転車置き場から出て来たのは、誰? | トップページ | 財形持家融資なら、住宅ローン金利の上昇対策にも役立つ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自転車置き場から出て来たのは、誰? | トップページ | 財形持家融資なら、住宅ローン金利の上昇対策にも役立つ »