« 長男が望むアルバイト | トップページ | 新連載のお知らせ(追記あり) »

ひきこもりのご相談・最近の傾向

最近、あまりブログには書いてきませんでしたが、最近も引き続き、ひきこもりのお子さんをお持ちのご家族の生活設計に関するご相談をコンスタントに受けています。

親御さんだけではなく、ご兄弟と一緒にお見えになるケースが増え、関係者全員が私の事務所に大集合!してくださるケースも出てきています。

これって、非常に好ましい傾向だと私は考えています。

関係者全員が集まっていると、親の資産状況を把握した上で、ひきこもっていないお子さんは「相続について、どこまで譲歩してもらえるのか」を、直接確かめることができるからです。
また、伝言ゲームのようにならず、直接、プランをお伝えできる点もメリットだと思います。

ひきこもっているお子さんに対して、多めに資産を残すプランを立てても、ひきこもっていないお子さんの同意が得られないと、プランを実行に移せない心配が残ってしまいます。

それが、このところのご相談では、ご兄弟の意思を確認できる機会が増えているので、プランの実現性が高まっているように感じます。

生活設計のご相談をお考えいただくことがあれば、ぜひ、ご兄弟にも声をかけて、いらしていただけるとありがたいです。

|

« 長男が望むアルバイト | トップページ | 新連載のお知らせ(追記あり) »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長男が望むアルバイト | トップページ | 新連載のお知らせ(追記あり) »