« ビデオ講座 | トップページ | 長男の休憩時間 »

義父の容体

療養型の病院に入院している義父の容体が、よろしくない。

昨日、ビデオ講座の収録が終わった後、担当医に呼ばれたので、病院に行った。

担当医によると、「腎臓の機能がかなり落ちているので、利尿剤を投与しているけれど、思ったような効果が出ていない。
本来なら、人工透析をしたいのだが、大きな動脈瘤があるために、人工透析を依頼しても断られる可能性がある」とのこと。

義父の入院している病院では、透析ができないので、透析が必要な場合は、転院になってしまうのだが、療養型の病院って、透析ができないんだと、初めて知った。
(他の病院ではできるのかもしれないが、私は透析について調べたことがなかった。手落ちである)

食事を取ると、腸閉塞になる可能性が高いから、食事も取れないし、大腸がんも大きくなっているらしく、まさに満身創痍の状態である。
寝ていても苦しそうなので、見ているこちらも辛い。

主人や義姉のほうが、もっと辛いと思うが、今以上の治療が望めないのも、悩ましいところである。

5月に倒れるまでは、老夫婦2人で暮らせていたのに、わずか数カ月で、こんなにも悪くなるものなのか・・・
見守るだけで、何の役にも立たない自分自身ももどかしくって、たまらない。

|

« ビデオ講座 | トップページ | 長男の休憩時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビデオ講座 | トップページ | 長男の休憩時間 »