« ベネッセ教育情報サイトで、ママ友達との付き合い費についてアドバイス | トップページ | 事務所で、ラジオコメント収録 »

長野のひきこもりセミナー、無事終了

昨日のことになるが、長野でおこなわれたひきこもり家族向けのセミナーが終わった。

昨日の東京は暑かったのだが、長野駅で新幹線を降りたら、思わず「さむっ」という言葉が口から出そうになった。
新幹線からは、半そでのまま下りた人もたくさんいたが、半そででは風邪をひきそうな気温。

でも、空気がカラッとしていて、気持ち良かった。
もしかしたら、今頃の長野の陽気って、多くの方にとって、一番快適な気候なのかも。

本題に入るが。。。

昨日のセミナーの主催は、長野市の保健所。
親御さんだけでなく、保健所にお勤めの方や関係者の方々も聴講してくださった。

セミナーが終わってから、帰りの新幹線の時間には少し余裕があったので、グループディスカッションの場にも、ちょっとばかり参加させていただいた。

個人情報に当たることは書けないので、ご紹介の仕方が難しいのだが、障害年金に関する質問が多かったように思う。

私の事務所に来てくださるご相談者の中にも、障害年金を受給しているお子さんはほどほどにいるが、どのような状態だと受給できて、どのような状態ではだめなのか、私にはわからない点も多い。

このような状態の方は受給できていて・・・・などと、勝手なことも言えない。

知り合いの社会保険労務士さんに聞いたら、「障害年金については、ほとんど申請したことのない社労士もいる」と言われたことがあるが、いっぽうで障害年金の申請をメインに活動されている社労士さんもいる。

障害年金の申請に力を入れている社労士さんにアポイントを取って、話を聞く機会を設ける必要があるのではないかと感じつつ、帰途についた。

東京に戻ったらすぐに、PTAの本部役員の集まりに参加。

私など、話を隅で聞いているだけだし、あまり戦力にもなっていないのだか、会長は打ち合わせの途中で消防訓練に出かけて行った。

消防訓練、夜にもやるんだ。

本当に会長も副会長も、大忙し。

いちおう本部役員に名前は連ねてもらっているが、会長や副会長の忙しさには、頭が下がる思いがした。

|

« ベネッセ教育情報サイトで、ママ友達との付き合い費についてアドバイス | トップページ | 事務所で、ラジオコメント収録 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

これは又聞きで正確な情報ではないので、話し半分でお願いしたいのですが、障害年金受給のポイントは、初診時に年金保険料を払っていたかだと聞いたことがあります。
だから初診が未成年だったら有利ですね。
ひきこもっていることは、誰にも知られたくないし、誰に相談したらいいかわからないかもしれませんが、病院でも行政でも早めに相談していただきたいですね。精神科の敷居が高いなら、信頼できる主治医にご相談して、紹介状を書いていただくのがいいと思います。
どこかに早くつながるのが大事だと思います。ちなみに私はメンタルのご相談者には、精神保健福祉センターを案内するのがマニュアルです。

投稿: R | 2013年10月 4日 (金) 18時01分

R様
いつもコメントのアップが遅くて、すみません。
初診時の保険料支払いもポイントなのですが、私がわからないのは、お子さんの状況をうかがっていると、それなりに症状が重いように感じるのに、障害年金の受給ができないケースがあるいっぽう、このくらいの症状でも障害年金が受給できてしまうんだと、少し驚くケースもあります。
臓器の病気などとは違うので、私のような素人にはわからない部分が多いのは事実ですが、手続きの流れが良いと受給に結びつくというのは、実際にあるように感じています。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年10月 6日 (日) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベネッセ教育情報サイトで、ママ友達との付き合い費についてアドバイス | トップページ | 事務所で、ラジオコメント収録 »