« 事務所で、ラジオコメント収録 | トップページ | 次男の目標 »

ノンストップ!に再び。

木曜日(10月10日)のことになりますが、フジテレビの「ノンストップ!」に出演させていただきました。

8月下旬に続いて、2回目の出演です(使われなかった、ビデオ撮りを含めると、3回目かな)。

コーナータイトルは「あなたの知らないセケン」。
前回のテーマは「働かない子」でしたが、今回は「定年ビンボー」。

定年を迎えて、いつの間にか、ズルズルと貯蓄が減ってしまうご家庭の例を、いくつかご紹介させていただきました。

定年を迎えた時は、退職金も含めて、人生最高額の貯蓄を持つご家庭が一般的ですが、定年後の「時間の長さ」を意識せず、高額なリフォームをしてしまったり、お子さんの生活費を負担するなどで、ご本人たちが思っているよりも早く、貯蓄が減ってしまうご家庭は後を絶ちません。

そのようなケースについて取り上げさせていただき、対応策を少しだけ、アドバイスしました。

ちなみに、木曜日のレギュラーゲストは神田うのさんと、千原せいじさんでした。
勝手にご紹介できないため、具体的には書けませんが、CM中も千原せいじさんのコメントはおもしろかったです。

それと、余談ですが、特別仕様の控室に「矢沢永吉様」と書かれていました。
なんの収録だったんだろう・・・と、ミーハーな気分で通り過ぎつつ、次の取材の時間が押していたので、ダッシュ!で事務所に戻りました。

|

« 事務所で、ラジオコメント収録 | トップページ | 次男の目標 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

ご活躍、ご活躍(^^)

お忙しそーだけど半世紀を祝って、ランチいこーよー

投稿: あなたの大事な妹よん(^w^) | 2013年10月13日 (日) 10時01分

はじめまして。いつも読ませていただき、大変勉強にさせていただいています。
私は40代ですが、先日50代の友人たちから、個人年金をかけたほうがいいといわれました。ですが、大学生の子供を奨学金でなんとかしている状況ですので、我が家はとりあず普通に貯蓄したほうがよいのでは?と考えています。
また、大学生の国民年金については、払い込み延期にしたほうがよいか、今親が払って、控除をうけたほうがよいか迷っています。
この2点について、過去記事を調べましたがのっていないようでしたので、畠中さまのお考えをお聞きしたいと思いました。
お時間あればよろしくおねがいします。
お忙しいようですので、お体お気を付け下さい。

投稿: anchin | 2013年10月13日 (日) 11時41分

anchin様
はじめまして。
コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
最初に、大学生のお子さんの国民年金保険料については、家計に余裕があるなら、親が払うのもよろしいかと思いますが、奨学金を借りていらっしゃるのであれば、大学生の免除(学生納付特例)を利用されるのが順当だと思います。
我が家も学生納付特例を利用しました。
就職できなかった場合、その後も親が払い続けることになるのはたまらん!と思ったからです。
個人年金保険については、加入したほうが良いケースもありますが、貯蓄性はそれほど高くないのと、収入が増えることで、国保などが連動してアップするケースもあるので、受け取り方が難しい商品でもあります。
個人年金保険の加入法は、ライフプランを踏まえた上で、個々にアドバイスするようにしているので、加入の是非をコメント欄だけでは、アドバイスできないのです。
中途半端なコメントで、すみません。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年10月13日 (日) 17時40分

大切な妹殿
最初、迷惑メールかと思ったじゃん!
〉半世紀を祝って
ぜんぜん、嬉しくないんだけど。
近いうちに?電話するね。

投稿: 畠中 雅子 | 2013年10月13日 (日) 17時42分

畠中さま 
お忙しい中、すぐにお返事くださりありがとうございます。国民年金、個人年金ともお話を参考にして決めようと思います。
これからも親の介護問題などのお話も興味深く読ませていただきます。ありがとうございました。

投稿: anchin | 2013年10月15日 (火) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事務所で、ラジオコメント収録 | トップページ | 次男の目標 »