« 住宅ローン金利の低下で、ガックリ・・・ | トップページ | 朝日新聞住宅セミナーに、ぜひ。 »

11月24日に墨田区役所で行われる「親ゼミ」のお知らせ

タイトルの通り、11月24日(日)に、墨田区役所1階にあるリバーサイドホール会議室で、働けないお子さんを持つ親向けのセミナーをおこないます。

セミナータイトルは、「親だからこそ考えたいサバイバルプラン」。

今回、親ゼミの対象となるお子さんの対象は、39歳以下。
ふだん、ご相談の対象にしている方々より、少し若い年齢層になりますが、年齢によってやるべきことは多少違っても、お子さんの将来について、考えておいて欲しいことの基本は変わらないと考えます。

お子さんが39歳以下ということは、現役世代の親御さんも多いかと思います。

現役世代、つまり収入が多い時のほうが、いろいろなプランを検討しやすくなりますので、お子さんがずっと働けない状態のままのご家庭や、現在就職活動中の方でも、定職についていない状態であれば、ぜひ、お子さんの将来のお金のことを、一緒に考えてみませんか。

参加費は、無料。

申し込み先は、03-5608-6834 墨田区若者サポートコーナーまで。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

|

« 住宅ローン金利の低下で、ガックリ・・・ | トップページ | 朝日新聞住宅セミナーに、ぜひ。 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

私は、引きこもりじゃないけど、高齢で独身の従兄がいて、従兄が大学生の時から、なんか危ないなあと思って、意見を出し、叔母にさんざん罵倒されたんですね。まぁ私も生意気でしたけど。
それで、今も身近に危ないなあと思っている人はいるんですけど、その親御さんはとっても強気なので、私も「そうなんだ~」と愛想笑いするけど、内心大丈夫かなぁと思っています。
今回はちょっと若い方が対象ということで、まだ大企業の就職とか、いい家柄の方と結婚とか、夢が捨てられないかもしれないけど、早めに現実を見つめて、放置しない方がいいと思います。叔母を見ていると、嫌な現実を受け入れるなら、未達成のままがいいんだなと思うことがあるので。
叔母はお金に困らなかったから、誰からも非難されなかったけど、私たちの世代は、お金の見通しは立たないから、早めに畠中さんのような方に相談してほしい。
このコメントに傷ついた方、ごめんなさい。これは面と向かって言えない誰かへのコメントだから

投稿: R | 2013年11月16日 (土) 17時25分

最近読んだ本に「生きるか死ぬかの究極の決断を迫られる状態って、それまでの選択が全部間違ってるんだ」という意味のことがあって、引きこもりで行き詰まる人もそういう傾向があると思うんですね。
今、高齢者の投資詐欺の被害がすごくて、二次被害もすごい。騙された人のところに「取り返してあげる」という電話があったと、気づいた人から連絡があるんだけど、「あなたは実際に面と向かって話した私たちより、どうして見知らぬ電話の人を信用するの!?」と言っても、なかなかわかってもらえない。損をしたそのお金のことが忘れられなくて、同じ方法で救済されることに、拘ってしまう。
私は詐欺の被害者には、「犯罪に巻き込まれたんだから、命がとられてもおかしくない。お金で済んだと思って、損したお金のことは忘れて、身近な人と健康に暮らして」と話すんだけど、そんなに簡単にはいきませんよね。
若い方には、生命の問題になる前に、お金の問題で済むうちに、相談してほしいと思います。

投稿: R | 2013年11月18日 (月) 16時47分

R様
相変わらず、コメントのアップが遅くて、すみません。
〉早めに畠中さんのような方に相談してほしい。
相談に来ていただくことを、促してくださるようなコメント―ありがとうございます。
〉若い方には、生命の問題になる前に、
〉お金の問題で済むうちに、相談してほしいと思います。
放っておくと、生命の問題になりかねないのは、本当にその通りだとは思うのですが・・・
お金の相談、しかも働くのをあきらめたプランを立てるのは、気が進まない人も多いと思います。
なので、今まで通り、淡々と取り組んでいこうと思っています!

投稿: 畠中 雅子 | 2013年11月21日 (木) 04時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 住宅ローン金利の低下で、ガックリ・・・ | トップページ | 朝日新聞住宅セミナーに、ぜひ。 »