« 生島ヒロシさんのラジオ番組に電話出演 | トップページ | 中学校の卒業式にて »

親亡き後のサバイバルプラン

昨日(3月17日)付けの新聞になりますが、産経新聞上に「高齢化するひきこもり 親亡き後のサバイバルプラン」という記事が掲載されました。

高齢化するひきこもり 親亡き後のサバイバルプラン

今月5日おこなわれた青少年健康センターのセミナーを、産経新聞の記者の方が受講され、その日のセミナーの様子を交えて、記事にしてくださいました。

産経新聞の記者の方が受講されたのは、3月5日の「親側がすべきこと編」(前編)。

翌週、3月12日の「子ども側にして欲しいこと編」(後編)は、読売新聞と毎日新聞の記者の方が受講してくださいました。

読売新聞と毎日新聞では、すぐに記事になる予定はありませんが、記者の方が興味を持ってくださるのは、私としてもありがたいことだと捉えています。

「ひきこもりのお子さんを持つご家庭向けに、生活設計のアドバイスをしている」と説明しても、内容が伝わりにくかったり、ネット上では、「ファイナンシャルプランナーのステマじゃねえの??」などと書かれたりして、本当に相談をお受けするべき方々にサバイバルプランの内容が伝わらないと感じているからです。

「ダラダラ暮らしたいから、できるだけ働きたくない」というお子さんからのご相談は、一切受けていなくて、心に病を抱えていたり、身体に障害があるなど、「働きたくても働くことが難しい」お子さんをお持ちのご家庭からのみ、今後もご相談を受けていくつもりです。

記事では「40歳になったら、サバイバルプランを立てましょう」と書いていただいていますが、50代や60代で「働けないお子さん」をお持ちのご家庭こそ、なるべく早くサバイバルプランを立てていただきたいと願っています。

|

« 生島ヒロシさんのラジオ番組に電話出演 | トップページ | 中学校の卒業式にて »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

リンク先の記事に「自分でご飯を炊けるようにする」とありましたが、畠中さんや記者の方がお考えの以上に、それは大事なことだと思います。
私も私の父も兄もメンタルを崩したことがあるから断言するのですが、パランスのいい家庭料理を食べていて、10年も20年もこじれることはないです。私はもう10年以上、メンタルの薬を呑んでますが、メンタルの薬は食欲が増すのです。
こじれている方はおそらくスナック菓子や菓子パンで空腹を満たしているのではないでしょうか。
それをやめて、自分でご飯を炊いて、炊きたてのご飯に卵をかけたり、明太子や佃煮やちりめんじゃこをのせたり、お茶漬けにしてみたり、納豆と一緒に食べたりするだけで、びっくりするほど幸せになります。
スナック菓子や菓子パンの買い置きをやめて、おやつは果物とナッツ類にします。
私の夫も幼い頃から新製品のお菓子を全部買ってもらったという菓子好きでしたが、バナナを切らさないようにしたら、黙ってバナナ食べてますよ。

投稿: R | 2014年3月18日 (火) 19時31分

R様
いつもコメントありがとうございます。
〉リンク先の記事に「自分でご飯を炊けるようにする」とありましたが、
〉畠中さんや記者の方がお考えの以上に、それは大事なことだと思います。
Rさんがコメントで挙げてくださった点もあるのですが、ひきこもりのお子さんは朝、ゴミを捨てるのが難しいケースが多いので、ゴミ屋敷になるのを防ぐ(特に夏場は不衛生)という目的もあります。
もう一つの目的は、食費を抑える点。
コンビニなどで、なんでも買ってきてしまうと、食費がかさむので、明太子や佃煮、ちりめんじゃこなどを乗せたり、缶詰を利用するなど、美味しく、リーズナブルな食事を目指してもらえればと思っています。

投稿: 畠中 雅子 | 2014年3月19日 (水) 20時55分

ゴミ捨てが難しいのは、朝起きれないからですね。
朝日を浴びて体内時計をリセットするのは、メンタルの向上に一番重要です。
私は先月BOSEのCDステレオをちょっと奮発して買いました。(カード請求書が怖いです)
決め手は目覚まし機能とおやすみタイマーがあることです。
クラシック音楽で目覚めて眠りにつき、嫌いな洗濯物を干すのとたたむ時はFMラジオをつけます。(私の寝室は洗濯部屋になっています。)
とにかく不快な思いをすることなく起きて、一番にゴミを捨て、それから洗濯機のスイッチを押し、お茶漬けでも食べてコーヒーでも飲み、洗濯物を干してからなら、二度寝しようがネットで遊ぼうが自由です。
朝それだけできれば、人間らしい生活は回っていきます。
引きこもりの方だけでなく、メンタルが疲れたシングルのサラリーマンの方にもおすすめです。

投稿: R | 2014年3月20日 (木) 10時52分

何で働きもしない人間のクズの事なんか考える必要が有るんだ???

働いたら負けだなんて言ってる糞だぞっ!!!

まじめに生きてる人間を愚弄してるのかっ貴様!!!

あんな人間のクズ共、死んで当然だろっ!!!

腸が煮えくり返る!!!!!

投稿: 横井隆信 | 2014年3月20日 (木) 16時55分

横井隆信様
はじめまして。
このたびはコメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
〉何で働きもしない人間のクズの事なんか考える必要が有るんだ???
〉働いたら負けだなんて言ってる糞だぞっ!!!
このブログを読んでいただければ、お分かりいただけるかと思いますが、「働きたくない子ども」にアドバイスをしたことは、過去に一度もありませんし、今後もアドバイスするつもりはありません。
私がアドバイスの対象にしているのは、発達障害をお持ちのお子さんや、心や身体に病を抱えているなど、「働きたくても、働けないお子さん」をお持ちのご家庭です。
この辺り、ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。

投稿: 畠中 雅子 | 2014年3月21日 (金) 18時28分

確かに世の中にクズと思われる方々も存在しているかもしれませんが、畠中先生は、働きたくてもどうしていいかわからない、働きたくても病の為働けない・・・そういう方へのアドバイスをして下さっているのだと思います。人は亡くなるまで自分がどのように生きて亡くなっていくのか・・予定通りにうまくいくことってあんまり無いのではないでしょうか?横井さまも、今ご自分がお元気で税金もたっぷり払ってくださっているからそのようにお考えかもしれないですね。

投稿: 2L | 2014年4月13日 (日) 15時32分

2L様
はじめまして。
コメントを頂戴しまして、ありがとうございます。
〉働きたくてもどうしていいかわからない、
〉働きたくても病の為働けない・・・
〉そういう方へのアドバイスをして
〉下さっているのだと思います。
そのようにご理解いただけますと、ありがたく思います。
〉予定通りにうまくいくことって
〉あんまり無いのではないでしょうか?
私も、予定通りというか、上手くいったなあと振り返れることが少ないので、2Lさんの意見に賛成?です。
人間はいろいろな場面で傷ついて、動けなくなってしまう人がたくさんいるのだということを、サバイバルプランを立てる中で、強く感じます。
動けない人に「動け」といっても、より恐怖を与えるだけなのではないか、そんな気がする機会も多くなっています。
2Lさんのこれからの人生に、少しでも良いことが訪れますように・・・

投稿: 畠中 雅子 | 2014年4月14日 (月) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生島ヒロシさんのラジオ番組に電話出演 | トップページ | 中学校の卒業式にて »