« 東北レストラン鉄道「東北EMOTION」に乗ってきました | トップページ | ネット生保の過酷な保険料引き下げ競争 »

「住宅ローンのボーナス払いはコワくない!」~ビジネスジャーナル連載開始のお知らせ

「ビジネスの本音にせまる」ビジネスジャーナルのサイトにて、3月25日アップ分から連載がスタートしました(告知するのが、遅かったけど)。

初回の記事は、住宅ローンについて。

住宅ローン、「ボーナス払いはキケンのウソ、35年返済の意外なリスク」

連載と言っても、毎月アップですと、途中で息切れしたり、ネタ切れになるのが目に見えているので、今回は「高齢期のお金を考える会」のメンバー5人が、持ち回りで担当させていただくことにしました。

セーフティジャパンの連載は、6カ月に1度なのに、更新できないままだったし・・・(担当者編集者のNさん、ゴメンナサイ)。

こちらは、1000字から1500字くらいの連載になるので、頑張って続けたいと思っています。

仕事をしている中で、思い違いでは?と感じたり、これはぜひ、知ってもらいたいと思うことを、取り上げていく予定。

気になるテーマのときには、ご覧いただけたら幸いです。

|

« 東北レストラン鉄道「東北EMOTION」に乗ってきました | トップページ | ネット生保の過酷な保険料引き下げ競争 »

FPの仕事から」カテゴリの記事

コメント

畠中さんのアドバイスは、他のFPの方と違っていますが、やりくりはしやすいですよね。
私も毎月10万円、35年払いとかは、怖いです。我が家はバブル真っ盛りに建てたので、ボーナス払いが20万円のところが、ちょっとまずいんですけど、10万円以下ならメリットありますね。
定年前に住宅ローンが終わるのは、なんといっても安心だし、固定資産税が毎月のやりくりから出せるのも、精神的にはらくなんです。
畠中さんのプランニングは、学資保険もそうですけど、無理のない金額を固定費として、家計の外に出してしまうやり方ですよね。そうすると、貯蓄を不意の出費にあてやすくて、やりくりが流動的になるんです。

投稿: R | 2014年4月 4日 (金) 12時21分

R様
こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
〉畠中さんのアドバイスは、他のFPの方と違っていますが、
〉やりくりはしやすいですよね。
他のFPが書いた文章などは、できるだけ読まないようにしているので、どう違うかはよくわからないのですが、「やりくりはしやすい」と言っていただけると、ちょっとうれしいです。
他のFPの文章やコメントを読まない理由は、「真似しないようにするため」です。
すべて自分で考えたオリジナルなコメントやアドバイスにこだわっているので、あえて読まないようにしているんです。
〉畠中さんのプランニングは、学資保険もそうですけど、
〉無理のない金額を固定費として、家計の外に出してしまうやり方ですよね。
〉そうすると、貯蓄を不意の出費にあてやすくて、やりくりが流動的になるんです。
流動的になるって、解説していただくと、「そうなんだ」と、逆に納得してしまうような・・・
長年、やりくりの工夫をされてきたRさんならではの、見立てですね。

投稿: 畠中 雅子 | 2014年4月 7日 (月) 03時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北レストラン鉄道「東北EMOTION」に乗ってきました | トップページ | ネット生保の過酷な保険料引き下げ競争 »